読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

長屋道場騒動記【六】-迷い熊匿す (双葉文庫)

長屋道場騒動記【六】-迷い熊匿す (双葉文庫)

長屋道場騒動記【六】-迷い熊匿す (双葉文庫)

作家
芝村凉也
出版社
双葉社
発売日
2020-02-11
ISBN
9784575669862
amazonで購入する

長屋道場騒動記【六】-迷い熊匿す (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やま

長屋道場騒動記6作目 2020.02発行。字の大きさは…中。 その翌日、始動、接触、錯綜、暴発の5章。 信抜流指南の道場を構える間野生馬の剣が、悪を断つ。 惠比壽屋・与惣兵衛の一人娘・お君が十河藩の姫君で有ることが、十河藩と三嶽藩に知られてしまった。十河藩の藩主・町邑玄蕃頭は、三嶽藩主の実弟で、十河藩へ養子として入っています。 玄蕃頭は、子がなく、体が悪く、早く世継ぎをもうけなくてはならないが、次の世継ぎも三嶽藩から出そうと考えている三嶽藩のものには、お君が邪魔で…。→

2020/10/23

yhirose254

『「お前さんも見てのとおり、おいらが出来んなぁここまでだ」・・「だから、たとえお前さんがこの一件で何やらかそうがおいらは知らねえし、耳に入れるつもりもねえ」・・反町は、肚を据えて仁蔵の軛を解き放ったのだった(p28)』浪花節だねー、反町さん。『「帰ってきたぜぇ」(p288)』よ、千両役者!、ということで(って読んでない人には分からない)脇役の渋さが目立つ第六巻。

2021/03/24

ニッキー

コロナウィルスの嵐が吹き荒れる中、第6巻を読み終えました。まさか町屋の娘と思っていた、気が強いお君が姫様⁉️ 話は、急転お家騒動の嵐に生馬が巻き込まれて行きます。そこにお玉ヶ池の千葉道場が絡み、今後の三嶽藩しいては十河藩との攻防が楽しみになって来ました。また事実を知ったお君は⁉️

2020/02/29

Dyans

3つの勢力のあり様が明らかになってきた。しかし、少しずつ腑に落ちない点がある。隠し子らしい女子をそれぞれどうする気だろう。しかしながら、いいところで登場の千葉道場だ。

2020/02/18

感想・レビューをもっと見る