読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バイトくん(10) ダイニングもキッチン(双葉文庫) (双葉文庫 い 17-45 ひさいち文庫)

バイトくん(10) ダイニングもキッチン(双葉文庫) (双葉文庫 い 17-45 ひさいち文庫)

バイトくん(10) ダイニングもキッチン(双葉文庫) (双葉文庫 い 17-45 ひさいち文庫)

作家
いしいひさいち
出版社
双葉社
発売日
2009-12-10
ISBN
9784575713619
amazonで購入する

バイトくん(10) ダイニングもキッチン(双葉文庫) (双葉文庫 い 17-45 ひさいち文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

CEJZ_

1Pに4コママンガが1作品で、計148本の作品が載っている。古い作品なんで、今となっては時事的なネタにも古さを感じ、笑えるのは30%くらいかな。吹き出しの文字も手書き文字なんで、文庫版になると小さくて読みづらいなあと思いました。文庫で4コマのマンガを見つけ、息抜きにイイかなと思ったけど、ノスタルジックになっただけでした。

2012/12/11

トーヘン

慣れ親しんだ絵になってまいりました。やってる内容は変わらないけども。あいかわらず面白い。

2013/11/09

sakamoto

何度目かわからない再読。面白い。

2013/04/13

いなろく

こちらも共闘ネタ多いし。しかしここまで来ると過激派じゃなくて喜劇派ですな。

2012/06/24

ぐうぐう

かなり初期の頃の『バイトくん』を収録した本書。若さゆえの拙さからか、かなり乱暴な展開も見受けられる。いしいひさいちも人の子だったとわかり、ホッとすらする(笑)。にしても、作者体調不良による『ののちゃん』の休載が長引いているのが、なんだか心配だ。

2009/12/15

感想・レビューをもっと見る