読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ときにはひとりで、やっぱりふたりで ~メス花歳時記~ (二見シャレード文庫 ふ 3-29)

ときにはひとりで、やっぱりふたりで ~メス花歳時記~ (二見シャレード文庫 ふ 3-29)

ときにはひとりで、やっぱりふたりで ~メス花歳時記~ (二見シャレード文庫 ふ 3-29)

作家
椹野道流
鳴海ゆき
出版社
二見書房
発売日
2022-02-24
ISBN
9784576220260
amazonで購入する Kindle版を購入する

ときにはひとりで、やっぱりふたりで ~メス花歳時記~ (二見シャレード文庫 ふ 3-29) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まふぃん

最近、シャレードさんは配信なのかな? 配信でも続けてくれたら、こうして文庫で読めるのは感謝です。こちらのカップルは夫婦のように甘々ですね。基本椹野先生のカップルは甘々だった! 他のカップルの新作も読みたいな。

2022/04/30

しましまこ

もちろん電子で読んでた四季のお話、書き下ろしもあり。2人のラブラブハッピーな日々が読めて私もハッピー。楽しかった~。

2022/02/27

京子@オランダ

いつまで続けてくれるのかわからないけど、出る限りずっと買いますぞ、ってシリーズ。今回も相変わらずな感じだけどそれがまた良い。

2022/04/14

ちゃこ

春夏秋冬、それぞれに仲のいい2人を見せてもらいました。20代の頃のように波瀾万丈ではなく、日々穏やかに、さざ波程度のハプニング。長い時間を積み重ねてきたからこその今がとても良いです。

2022/05/04

ひろまつ

ひたすら平和。

2022/05/14

感想・レビューをもっと見る