読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ココロ屋 つむぎのなやみ (文研ブックランド)

ココロ屋 つむぎのなやみ (文研ブックランド)

ココロ屋 つむぎのなやみ (文研ブックランド)

作家
梨屋アリエ
菅野 由貴子
出版社
文研出版
発売日
2020-09-30
ISBN
9784580824447
amazonで購入する

ジャンル

ココロ屋 つむぎのなやみ (文研ブックランド) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美葉

好きな本。自分のココロを大切にしたいな。

2020/10/04

杏子

『ココロ屋』2作目!人の心はどんな形をしてどんな色をしていて、どこにあるんだろう?と子ども心に思ったものだが。そのヒントになりそう。意地悪なココロ、やさしいココロ、臆病なココロ等々いろいろなココロをお試しできるのがココロ屋。クラスのちかこに意地悪をされた!と思ったつむぎが選んだココロは?子どもだけでなく大人にも勧めたい一冊。コロナの時代に、人と人をつなぐ心を大事にしたい。心というものはいろんな色や成分?があってこそ1つの心になるんだと思う。その一個一個のかけらを大切に、自分の心も相手の心も守りたいと思う。

2020/10/04

遠い日

「ココロ屋」シリーズ2。ままにならない自分の心と向き合い始める小学3年生のリアルってこんななのかもしれない。友だちとの関係に悩み始める頃。友だちに言われたひと言が気になって仕方なかったり、くよくよ自分を責めてみたり。ココロ屋に出会って、そんな自分の心を入れ替え、いろんなことを感じてみるつむぎ。意地悪になって強気になったり、ダメな心でイジイジしたり、空っぽの心で無関心の状態になったり。大人でもメンタルのコントロールは難しい。心の襞を見つめるつむぎの一生懸命さが眩しかった。

2020/12/29

綿帽子

目には目を、意地悪な心には意地悪な心を。意地悪な子に負けたくない、私も意地悪な心で対抗するんだと思うつむぎ。ココロ屋に意地悪な心に入れ替えてもらった後、熱を持った心が、意地悪が成功した途端涼しい風が通るような爽快感に変わる感覚、身に覚えがある感じにゾクッとした。「わざと意地悪をしたのでないとしても、『意地悪をされた、と相手に感じさせている』のがわからない人は、そのままでいいのでしょうか?わざとじゃなくてもいやな気持ちにされたほうは、たまったものではありませんよ。」p119。心に置いておきたい良い言葉だった

2020/10/25

あおい

ココロ屋の続編。強いココロ、やさしいココロ、ふわふわしたココロ…好きなココロと交換できるココロ屋でつむぎは意地悪なココロを選ぶ…つむぎの選択それなの?って思いながら読む。もっといいココロあるじゃないと。いろんなココロを試して自分を見つめ直したつむぎ。前回の主役ひろき君も出てきます。

2021/01/07

感想・レビューをもっと見る