読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ファッション画の歴史―肌か衣か

ファッション画の歴史―肌か衣か

ファッション画の歴史―肌か衣か

作家
荒俣宏
出版社
平凡社
発売日
1996-12-01
ISBN
9784582512281
amazonで購入する

ファッション画の歴史―肌か衣か / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ハル

載せられた画図に夢中になって入り込む反面、絵への細かい説明も読みながら読まなくてはならないためか、横書きなためか、文章の内容が滑る。それにしても、膨大な雑種広告資料の絵。何度も眺めてしまった。

2012/10/07

kyhitsuji

荒俣宏の西洋(主にフランス・英国)ファッション画の歴史本。 フランスの宮廷文化と英国の自然崇拝文化はどちらも優れたファッション文化を生んだ。 フランスのファッションに対する美意識は高さに驚きます。現代ヨーロッパは当たり前、ロシア、アフリカ、アラビア、東南アジア、シナ、日本果ては古代ギリシア、ペルシア、エジプト…あらゆる地域から優れた服飾文化を取り入れている。 今回の収穫は”エキゾックな魅力的な挿絵を描くバルビエ”と”マルケサス諸島の世界一美しいと言われている刺青”を知った事です^^

2014/10/30

noémi

ファッション・プレートとはフランス革命以前、デザイナーが小さな人形に最新ファッションを着せて王侯貴族に送っていたのだが、革命後、そういった莫大なお金を使ってくれるお大尽もいなくなり、その代替策の一つとして、デザイナーがデザインした服をイラストレーターが描たものである。写真がない時代だったのでそうせざるをえなかったのだが、とはいえ、今日のファッション雑誌の写真とはまた一味違ったファンタジーに満ちた魅力的なものだった。それにしても、荒俣宏さんの博覧強記ぶりには、驚かされる。こんな領域までコレクトしているの?

2011/10/11

くさてる

荒俣宏による西洋のファッション史と表現に関する美しい本。とにかく、紹介されている図版がどれも魅力的で眺めていて飽きない。それに豊富な知識で裏付けされた蘊蓄が添えられ、ファッションの歴史と変化について自然と知ることが出来る面白さがある。デザイン、ファッション、イラストに興味がある人におすすめ。

2011/08/24

感想・レビューをもっと見る