読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

放射線医が語る福島で起こっている本当のこと (ベスト新書)

放射線医が語る福島で起こっている本当のこと (ベスト新書)

放射線医が語る福島で起こっている本当のこと (ベスト新書)

作家
中川恵一
出版社
ベストセラーズ
発売日
2014-09-09
ISBN
9784584124482
amazonで購入する

放射線医が語る福島で起こっている本当のこと (ベスト新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

キック

第一章は放射能、第二章は癌、第三章は福島の現状、第四章は健康長寿、第五章は持続可能性、巻末は玄侑氏との対談という構成。原発事故に伴う放射線の人体への影響の考察だけでなく、癌全般の最新知見の紹介等に多くのページを割いており、近藤氏の本よりも参考になりました。放射線被曝と癌の正確な知識があれば必要以上に恐れる必要はなく、避難に伴うストレスの方が深刻との由。健康阻害の要因が、被爆ではなく避難というのが皮肉な結果です。また反原発等の政治的信条の主張が、各種対策にかかる議論を歪めているというのが印象に残りました。

2018/03/14

壱萬弐仟縁冊

放射線と懐中電灯の関係は放射線と光の関係に等しい(21頁)。吉田所長の被ばく量は70m㏜。現場 作業者への感謝と尊敬を忘れてはいけない(49頁)。死を考えると生きづらくなるので、本能的に考えない ようにしている(133頁)。著者も原子力ムラの一員であるが、全て間違っているとも思えない内容。 是々非々。

2015/03/01

魚京童!

結局確率ではなくて、感情論なんだよね。

2015/09/27

うたまる

「冷静になりましょう。原発の是非と放射線の影響を混同した語りはもうたくさんです」……科学データを基にした放射線とガンのレポート。簡単に言うと、福島でガンは増えない。むしろ、余計な心配がストレス増を招き、その結果免疫力が落ちガンが増える、ということ。シーベルトとベクレル、天然放射線と人工放射線、内部被曝と外部被曝、汚染水問題、過剰診療問題など、左巻きメディアの悪質なデマによって混乱していた事実関係を解きほぐしてくれる。勿論、現代科学では不明瞭な点もあるが、それを差っ引いても著者の方が遥かに信用に足ると見た。

2016/04/18

shin M

自然界からも常に受け続けている「放射線」についてある程度知識を持っておこうと読んでみた。放射線が人体にどう影響するか、癌とはどういうものかなど勉強になった。対談で玄侑氏の「思い揺らぎながら生きるのが風流でいい」という話が良かった。

2015/03/16

感想・レビューをもっと見る