読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゴッドチャイルド (8) (花とゆめCOMICS―伯爵カインシリーズ)

ゴッドチャイルド (8) (花とゆめCOMICS―伯爵カインシリーズ)

ゴッドチャイルド (8) (花とゆめCOMICS―伯爵カインシリーズ)

作家
由貴香織里
出版社
白泉社
発売日
2004-01-19
ISBN
9784592178088
amazonで購入する

ゴッドチャイルド (8) (花とゆめCOMICS―伯爵カインシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

十六夜(いざよい)

予想外のラストに驚かされました。きっと最後はふらっとマリーに会いに来るんだろうな〜と思っていたのに。でも悔しいけれど美しい終わり方だったと思う。皆がそれぞれの望む結末になったという点では、ハッピーエンドといっても過言ではないんだろうけど…まだ伯爵カインシリーズ読みたかったな。

2015/02/26

まど

昔離脱した本を読破するのは中々幸せ。成る程黒幕はそっちかー。カインはこれからも優雅に生きて欲しかったのでこの終わり方は悲しい。オカルトやら亡霊やらが主体となったが、初期の人間の狂気にスポットを当ててる方が好きだったかも。後半はワンパターン化しておっさんキモいしか感想が無かったのが残念。

2019/01/29

chie

シリーズ最終巻、色んな意味で叫びたい巻でした。そんなラストは卑怯です、由貴先生。でも美しいから仕方ないのかなぁ~(涙)そして、一応(傍から見たらどうであれ)みんな救われたんだろうから・・・。

2014/04/01

あひるぷかこ

全8巻。伯爵カインシリーズ⑤これで全て完結です。舞台は19世紀後半のイギリス。秘密結社デライラ、カインの父アレクシス、そして最愛のリフ。本当のリフのことがショックすぎて途中で読むのも苦しくなったけど、最後の最後に記憶を取り戻したリフとカインは、その時が一番幸せだった。そう信じたい。なんてダークで美しく悲しい物語。

2012/08/24

ウシ

再開したシリーズは色々違和感あったけど、落ち着くところ落ち着いてほっとした。欲を言えば昔の由貴さんの状態で描いてほしかった。

感想・レビューをもっと見る