読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

小説 アイドリッシュセブン Re:member (花とゆめCOMICSスペシャルララノベルズ)

小説 アイドリッシュセブン Re:member (花とゆめCOMICSスペシャルララノベルズ)

小説 アイドリッシュセブン Re:member (花とゆめCOMICSスペシャルララノベルズ)

作家
都志見文太
種村有菜
バンダイナムコオンライン
出版社
白泉社
発売日
2018-12-05
ISBN
9784592218807
amazonで購入する

「小説 アイドリッシュセブン Re:member (花とゆめCOMICSスペシャルララノベルズ)」の関連記事

「Re:valeの過去編めっちゃ嬉しい」「こんなに号泣させられると思わなかった」『アイドリッシュセブン』の漫画&小説が3冊同時発売!

『アイドリッシュセブン Re:member』1巻(キャラクター原案・漫画:種村有菜、小説原作:都志見文太、原作:バンダイナムコオンライン/白泉社)

 2018年12月5日(水)に、アプリゲーム「アイドリッシュセブン」の漫画と小説が3冊同時に発売された。ゲットした人からは「Re:valeの過去編めっちゃ嬉しい」「小説読んだらすぐに漫画まで読みたくなる!」と好評の声が上がっている。

 今回発売されたのは、小説版をコミカライズした『アイドリッシュセブン Re:member』1巻と『小説 アイドリッシュセブン Re:member』、公式コミカライズ『アイドリッシュセブン』6巻だ。『Re:member』を読んだ人からは、「こんなに号泣させられると思わなかった」「一人一人のセリフが心に突き刺さる」「小説も漫画も涙が止まらない」と感動の声が続出。今のRe:valeに繋がる、ファン必見の物語だ。  コミック1巻はゲームのメインビジュアルを担当する種村有菜が手がけ、「万理一空」の第1~3回と「千古不磨」の第1回を収録。特装版には3人の缶バッジが付録し、裏表紙や折り…

2018/12/27

全文を読む

関連記事をもっと見る

小説 アイドリッシュセブン Re:member (花とゆめCOMICSスペシャルララノベルズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

穂積

純粋に健全に真っ直ぐに育った百に始めて向けられた嫉妬という黒い感情が、仲の良い家族である瑠璃のものであったことがとても辛くて堪えた。「いい子だと思われたかった」と「特別になりたい」がなあ。そうだよね。自分を選んでほしいよね。アイナナは選ばれる/選ばれないっていう構図が良く出てくるから、毎度心臓がギシギシする。千と百を「神様と使徒」と表現しているところがあったけど、私は百が殉教者になってしまうんじゃないかとずっと不安だった。不安を拭い去るところまではいかなかったけど、読めて良かった。そのあたりは本編で期待。

2018/12/07

紅羽

漫画版を読んですぐにこちらも購入。リヴァーレの10年の歴史が手軽に読めます。i7やtrigger等のアイドル達とは違った種類の苦難や努力が窺える彼らの歴史。万理と百の千を支えたいという気持ちや、万理失踪後の千の気持ちの変化が純粋で、現在の立派になった二人の姿を見ると感慨深いものがあります。

2018/12/12

のぞみ

アイナナ小説の新作!今回はRe:Valeの3人のお話。万里、千、百の3人の視点で描かれておりゲームの時には語り切れてなかった部分が描かれていてあっという間に読み切ってしまいました。それぞれが誰かを大切に思っているからつらいっていうのが伝わってきて今までのアイナナ関連の小説とはまた違ったテイストになっているのではと思います。

2018/12/31

緑雲

三冊出ているノベライズのなかで断トツにこれが好き。何回でも読みたい。三人の話を主人公を変えて三部作にしているのも良い。各話の題も良い。

2019/03/19

にゃんち@雑食系

★5。アイナナ箱推しだけど、Re:valeもかなり推しなので、問答無用で待ってた小説版。ゲーム内で明かされる過去につながる物語で、3人の各視点からの葛藤が哀しくて切なくてすべてが愛おしい。ファンのためのバイブル(笑)。

2019/01/11

感想・レビューをもっと見る