読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

名探偵 耕子は憂鬱 1 (花とゆめCOMICS)

名探偵 耕子は憂鬱 1 (花とゆめCOMICS)

名探偵 耕子は憂鬱 1 (花とゆめCOMICS)

作家
鈴木ジュリエッタ
出版社
白泉社
発売日
2021-02-19
ISBN
9784592223719
amazonで購入する Kindle版を購入する

「名探偵 耕子は憂鬱 1 (花とゆめCOMICS)」の関連記事

『神様はじめました』の鈴木ジュリエッタ最新作は、共同生活×推理×ラブコメディ!

『名探偵 耕子は憂鬱 1』(鈴木ジュリエッタ/白泉社)

 ミステリーが好き、レトロでかわいいものが好き。ラブコメだってもちろん好き! そんな乙女心をお持ちの人におすすめしたいコミックがある。『名探偵 耕子は憂鬱 1』(鈴木ジュリエッタ/白泉社)だ。

 ときは昭和中期、舞台は東京。空前のミステリーブームを迎えた日本では、3つの難事件を解決した者にのみ、“探偵”の資格を持つことが許されるという法が定められていた。

 そんな中、探偵見習いの少女・金田耕子は、若者たちが下宿する洋館、春秋館の門を叩く。耕子が住み込みの賄い人としてこの下宿屋にやってきたのは、名家の子息・犬上佑清に、殺人予告状が届いたからだ。料理は苦手な耕子だが、探偵のお免状をもらうためには、この事件を解決するより道はない。名探偵を目指す耕子は、曲者ぞろいの4人の下宿人たちの世話に奮闘しつつ、殺人予告の犯人を探すことになるのだが……。

 本記事では、この作品の読みどころを紹介したい。

その1 レトロなムードがたまらない舞台設定

 昭和中期の日本が舞台ということで、作中にはレトロな描写がたっぷりだ。耕子…

2021/3/13

全文を読む

関連記事をもっと見る

名探偵 耕子は憂鬱 1 (花とゆめCOMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

雪紫

意外と横溝パロな昭和ミステリだけど、やはり基本はラブコメ(後わりとぶっ飛び)。犬上くん、耕子さんのこと好き過ぎるだろ・・・! わりと解いてないですか。彼女。

2021/04/26

はな

鈴木ジュリエッタさんの新作。頭を使う以外のことはわりと何でもできる、探偵志望の主人公。イケメン&優しいけど、ちょっと危ない方向にメンタルヤバめな男の子との共同生活。続きも読んでみようかな。

2021/05/30

オレンジメイツ

表紙が可愛くてジャケ買い。金田一耕助のオマージュ?そういえば帽子も服装も!耕子ちゃんの可愛らしさがたまらんです。鈴木ジュリエッタさんの他の作品も読んでみたい。

2021/03/12

Kana

耕子ちゃんの可愛い表紙にひかれて購入。姿だけでなく、行動の全てが可愛い。春秋館の下宿人たちも面白いし、犬上くんとの関係もどうなるのか楽しみ。

2021/04/03

ぐりとぐら

耕子がかわいい。なんでも許せちゃうわー。犬上くんはじめ、下宿メンバーも、名前も含めて良い感じ!最初は物騒な事件かと思うと、違うという流れの話が面白かった。旅行編も良い。続きが気になるなー!

2021/05/29

感想・レビューをもっと見る