読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スクリーム (ハーパーBOOKS)

スクリーム (ハーパーBOOKS)

スクリーム (ハーパーBOOKS)

作家
カリン・スローター
鈴木美朋
出版社
ハーパーコリンズ・ジャパン
発売日
2021-06-17
ISBN
9784596541567
amazonで購入する Kindle版を購入する

スクリーム (ハーパーBOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

本作はウィル・トレントシリーズだが、グラント郡シリーズにも絡んでいて、アトランタとグラント郡が章ごとに交互に語られる。冒頭、物語は刑務所から始まる。暴動中に起きた殺人事件の捜査にあたるウィルは、服役中の男から犯人を教える代わりに、連続強姦殺人事件を再捜査するよう取引を持ちかけられる。その後、場面転換し猟奇的な女性の遺体が発見され、性犯罪の発生も多く描かれる。ウィルの活躍も少なく、話はかなり複雑で、読んでいて混乱してしまった。カリン・スローターの邦訳されている本はすべて読んでいるが、あまり乗れなかった。

2021/07/15

何てこった(@_@)レナが、ホント彼女ヤだわ。このシリーズだもの、お話しは残酷なのは覚悟して読みますが、酷い悲しいお話しでした。最後に救われました、ウィルさん応援します♪

2021/07/11

星落秋風五丈原

ウィルにもサラにもかつてパートナーがいた。ウィルには同じ傷をなめ合うようにして一緒になったアンジー、サラには声望の高い前グラント郡警察署長ジェフリー。ましてや後者は亡くなっているので、正に“死んだ恋人には勝てない”パターンだ。かてて加えてウィルには虐待の過去などいろいろ厄介な問題もある。それでも著者の「ウィルにジェフリーを乗り越えさせたい」思いは強かった。刑務所内の暴動中に起きた殺人事件の捜査にあたるウィルは、服役中の男から犯人を教える代わりに8年前の連続強姦殺人事件を再捜査するよう取引を持ちかけられる。

2021/07/19

わたなべよしお

 いつも通り高いレベルで、今回も大いに楽しませてもらいました。といっても、今回は割と早めに犯人が分かってしまいましたが。さて、トレントシリーズとしては珍しく、グラント郡シリーズ中の話がかなり入っています。わずかに違和感があったけど、ラストを読むと、必要だったことが理解できました、クライム・ラブ・ストーリーだもんね。

2021/06/25

しましまこ

またもや表紙から恐ろしい。現在と8年前のグラント郡と交互に容赦ない事件が語られ…って今回はそれどころじゃないよ!初っ端からうなだれ尻尾も丸めたウイル!サラ、気持ちは分かりすぎるほど分かるけど、不憫なわんこを許してやれよ、ダメダメだけどそこは良しとしてやれよ。健気なわんこを幸せにしてやれよー!別なところで大変でしたよ。

2021/06/21

感想・レビューをもっと見る