読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

新編 日本のミイラ仏をたずねて

新編 日本のミイラ仏をたずねて

新編 日本のミイラ仏をたずねて

作家
土方正志
出版社
天夢人
発売日
2018-07-15
ISBN
9784635820677
amazonで購入する Kindle版を購入する

新編 日本のミイラ仏をたずねて / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

cozy

即身仏のバイブル的な本の新装版。即身仏となった仏僧たちがどんな人だったのか、という部分も面白かったけれど、なにより即身仏を守っている人たち、代々守り継いでいる人たちとのエピソードがとてもよかった。信仰している人たちがいてこその即身仏なのだと感じさせられる。旧版から25年経ってのメモも楽しく読んだ。本文(旧版)で出てきた人たちが亡くなっていたり、震災によりお寺自体がなくなっていたりしているのが感慨深い。

2018/10/03

志村真幸

 本書は、山形を中心に全国の即身仏を取材したもの。米沢の明海上人、鶴岡・大日坊の真如海上人、同・本明寺の本明海上人、同・南岳寺の鉄竜海上人、村上の仏海上人、長野県阿南町の心宗行順大行者、京都・古知谷阿弥陀寺の弾誓上人、揖斐川町横蔵寺の妙心上人など、16ヶ所がとりあげられている。  即身仏になるまでの経緯、その後の歴史、現在のようすなどが、独特の語り口で紹介されている。写真も豊富。  あくまでもまじめに扱った本である。かといって学術書というわけでもない。ちょうどいい。

2019/03/14

m.neko

即身仏になる事を選んだ人の人物像や時代背景などを知る事ができる。富士山で即身仏になった人が存在した事など、知らない事もあったので興味深く読むことが出来た。今も即身仏を守っている人々がいる事に信仰の思いが伝わってくる。

2018/10/31

でこれ

ミイラ展で購入。利他行の極地で身を保つことにした上人を見世物にし、更には行方不明にしてしまうのは悲しい。秘仏にするのもやむなし。

2020/02/16

nekomeys59

即身仏を訪ね歩いたノンフィクション。死してさらに信仰を集める即身仏。土中入定までの上人様の生き様や、即身仏を守る人々の苦労も本書で知る事が出来る。歴史上災難に見舞われてきた東北の人々の救済を願い、苦行の末にあの様な姿を残す。即身仏がただの「ミイラ」という位置づけではなく、手を合わせ祈る信仰対象であり、身近にある仏様だった。読後、即身仏には仏像にない力を感じる。

2019/11/09

感想・レビューをもっと見る