読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

民法4 債権総論 (有斐閣ストゥディア)

民法4 債権総論 (有斐閣ストゥディア)

民法4 債権総論 (有斐閣ストゥディア)

作家
栗田昌裕
坂口 甲
下村 信江
吉永 一行
山本 敬三
出版社
有斐閣
発売日
2018-12-22
ISBN
9784641150577
amazonで購入する

民法4 債権総論 (有斐閣ストゥディア) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tieckP(ティークP)

入門シリーズ「ストゥディア」の一冊。二色刷とフォーマットの美しさ、「ケース」や「コラム」で隙間を作るページ配分が光り、有斐閣もお洒落で読みやすい本を作れるんだ、と感心する。とりわけ類書ではひとつのケースを引っ張り過ぎて読み返しが必要なところ、細かくケース分けした点は評価できる。文章も下村氏がやや単調な以外は入門的文体を保てている。内容は、民法全体の一巻本を読んだあと向けで、上級の範囲はいずれ学んで欲しいと放棄している。本の帯に「ぜんぶ、ちゃんと、書いてある」とあるのは誇大広告だが、初級本としては良いでき。

2019/09/02

感想・レビューをもっと見る