読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

山手線謎日和(2) (ハルキ文庫)

山手線謎日和(2) (ハルキ文庫)

山手線謎日和(2) (ハルキ文庫)

作家
知野みさき
出版社
角川春樹事務所
発売日
2019-01-11
ISBN
9784758442152
amazonで購入する

山手線謎日和(2) (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sagaway8

お気に入りの作家さんのおひとり、知野みさきさん最新作の文庫書き下ろし。前巻の五反田・高田馬場・上野の3駅に続き、本巻は渋谷・新橋・目白の3駅を舞台として社会問題をさりげなく塗した“ほろ苦”ミステリ。登場人物のキャラが前巻以上に際立って、いよいよ面白くなってきた。気に入ったものはコンプリートしないと気がすまない私としては時間が掛かっても山手線一周を願うばかり。最終巻は高輪ゲートウェイ?CGで描かれた表紙の装画も色合い鮮やかでステキです。作者の「へびつかい」さんの他の作品にも強い関心。ポスター入手希望。

2019/01/22

うさぎや

2巻。なんとなくふたりの関係にも変化があったようななかったような……(笑)。

2019/03/19

ぽーのじん

前作から時間が空いて、忘れてる人間関係もあったけど、謎は楽しめました。全駅コンプリートしてほしい、に一票です。

2019/03/03

mikeneko

イマドキありがちなことを事件に織り込んで、山手線の駅の雰囲気と絡めて面白い作品だったと思います。和泉のひねくれ加減は恥ずかしがりの裏返しにも感じ、ちょっと鬱陶しい時もあるけど、起こったことの解析能力はなるほどと、思える。駅の数だけ続くんだろうな~。夜中のドラマとかで見てみたい気がします。

2019/02/18

天麻  

イズミと和泉さんの関係は変わらないけど、榊さんと小岩井さんは進んでいる模様。目白駅事件のお話が好き。

2019/03/15

感想・レビューをもっと見る