読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

たそがれ御堂筋 バー堂島(2) (ハルキ文庫)

たそがれ御堂筋 バー堂島(2) (ハルキ文庫)

たそがれ御堂筋 バー堂島(2) (ハルキ文庫)

作家
吉村喜彦
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-10-15
ISBN
9784758443692
amazonで購入する Kindle版を購入する

たそがれ御堂筋 バー堂島(2) (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

歳をとるとね、惰性的になるというか、言い訳作って楽な方に逃げるということがままある。そして一人で切り盛りしてるから、見えてこないこともある。楠木も長年、やってるから、見えてない事があったんだろう。他人から見て、こだわりがこだわりでなかったんだろう。でも頑固にならず、反省できる楠木はすごく紳士な男だと思う。そんな楠木だからこそ、常連客もついてきてくれて、楠木の作る酒に満足するに違いない。店に流れる音楽をリクエストして、楠木の作るカクテルを飲みたいな。注文は“オールド・パル”だね。

2020/10/24

おしゃべりメガネ

やっぱり本作を読むとお酒(特にウイスキー)が飲みたくなりますね。シリーズ第2弾とはいえ、話自体は特段繋がりを識しなければならないかと言うと、個人的にはあまりそうは思わず、パラパラと捲ってサラッと読むには最適な一冊です。御堂筋でひっそりと『バー堂島』を営むよわい還暦間近の主人公「楠木」は今日も店を開きます。そんな彼の元に常連客が集い、バーならではのお話でそこに笑いあり、シリアスありな描写で綴られています。こんな素敵なバーで静かにウイスキーを傾けながら、タイトルどおり、ちょっとはたそがれてみたくなりますね。

2020/12/13

ジュール リブレ

やってきたことが、ある人からは過ぎると言われ、またある人からは足りないと言われ、どうしたら良いのか悩む。マティーニは、どうもそんな奥深いカクテルのようだ。ただ濃いお酒と思っていたが。人生そんな繰り返し。最近、家での🍺や🍷が多く、バーにはご無沙汰ですが、たまに、BGMを聞きながら🍸もいいですね。少し洒落た演歌の世界、いろんな人生の悲喜交交がありました。表紙の角瓶のエピソードが素敵でした。抜けてるくらいでちょうど良い。

2021/01/30

Shoji

大阪の堂島にあるバーを舞台にした人情活劇です。ちょっとお疲れモードの人が元気を取り戻すお話だったり、亡き父親に励まされるお話だったり。私も読んで少し元気を貰えました。

2020/11/25

リコリス

「ええ音や、なんと言うても酒の気配がええ」馴染みのある地名に久しぶりにバー堂島の扉を開けてカウンター席に座ってる感じが心地よい。ぶれないこと焦らないこと。自信を失いかけた時そっと寄り添ってくれる人や場所って本当に大切。表紙のサントリー角瓶を見て友達のお父さんがよく飲んでいて遊びに行くと空き瓶に麦茶が冷やしてあってとくとくといい音をたてて入れてくれたのを思い出した。麦茶だけどちょっと大人の気分になってたなー(笑)スパイスたっぷりのカレーと母の手作り梅酒が飲みたいな。あんまり飲めないけど雰囲気が好き。

2021/03/14

感想・レビューをもっと見る