読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぼくたちの答え (ハルキ文庫)

ぼくたちの答え (ハルキ文庫)

ぼくたちの答え (ハルキ文庫)

作家
椰月美智子
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-12-15
ISBN
9784758443814
amazonで購入する

ぼくたちの答え (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

不登校になった陽羽吾、臣、真琴の中三トリオが、フリースクールで、意気投合して前向きに生きる姿は、微笑ましい。三人の共通の話題が、マニアックというか難しくて、よくわからなかったけど、中学の頃から築いた絆は、きっと、遠く離れていても、大人になっても、変わらない友情がありそうで羨ましい。この3人には、しっかり今を生きてほしい。まあ、話は難しかったけど、歳をとった自分に元気をくれた物語だった。コスモボーイズ、元気をくれてありがとう!

2021/02/10

きょん

陽羽吾、臣、眞琴の3人はそれぞれの理由で不登校になりフリースクールで出会いチームを結成する。3人の好きなことがマニアックすぎて所々斜め読み。一番興味深かったのは神道と仏教の違いかな。この年になるまで真剣に考えたこともなかったけど大変勉強になりました。好きなことをとことん突き詰める姿がザ青春って感じ。今の自分に迷ってる中高生に良さそう。

2021/02/08

ポチ

不登校の中三の3人組が目的を見いだして前に進み始めるお話。中々面白かった。瞑想してみようかな。

2021/01/13

14番目の月

私も若い頃、いわゆるスピリチュアルというものにとても惹かれた。 宇宙や宗教や物理や数学など、この子たちの探究心がとても分る。 そんな思考、多くの不思議が日常の友達との交遊や生活の中でしなければならない多くのことや、テレビを見たり音楽を聴いたりだとかの楽しいことで段々薄れていってしまうんだろうな。 今この年でまたそんな世界に惹かれつつある、

2021/02/19

信兵衛

宇宙人とか幽霊とか展開に面食らうばかりですが、3人のこれからにエールを贈りたい。

2021/01/20

感想・レビューをもっと見る