読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編

作家
ティモシー・テイラー
池上彰
高橋 璃子
出版社
かんき出版
発売日
2013-02-21
ISBN
9784761268947
amazonで購入する Kindle版を購入する

「スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編」のおすすめレビュー

身近にある経済はどんな仕組み? 事例と解説で読むミクロ経済の入門書

『スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編』(ティモシー・テイラー:著、高橋璃子:訳、池上彰:監訳/かんき出版)

「コンビニでジュースやお弁当を買う」 「会社で働いて給料をもらう」 「老後に備えて生命保険に加入する」

 どれも生活をしていれば、当たり前の行動。しかし、これらは “経済活動”の一環、という言い方をしただけで身構えてしまう人がいるのでは?

 もうすぐ大学生、あるいは社会人になるから経済くらい理解しなければいけない。テレビの経済ニュースを見て「ふむふむ、なるほど。日経平均の値動きは……」と呟けねばいけない。だから、経済の勉強を始めてみようとした ものの挫折した、という人は少なくないはず。

 とはいえ、冒頭で挙げた例にもある通り、難しいけれども、経済は身近な存在。やはり基礎から勉強し直したい。そんな方におススメしたいのが『スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編』(ティモシー・テイラー:著、高橋璃子:訳、池上彰:監訳/かんき出版)だ。  著者はスタンフォード大学で「学生が選ぶ最優秀講義賞」、ミネソタ大学・大学院で「年間ベスト…

2018/2/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ito

マクロ編がよかったので、ミクロ編も期待して読んだ。前半はミクロで取り上げられる需要と供給や価格弾力性が取り上げられている。後半は米国の社会保障制度等の事例が多く、ミクロ経済学の論点とは違う感じがした。著者が指摘する、政府の行動を監視する枠組みとしての機能は果たしているだろうが、ミクロで取り上げられるポイント等が少なく物足りない。マクロ編の方がよかった。

2013/11/27

Shinya

かなりわかりやすい本だと思う。グラフや図表もほとんどなく文字だけでの説明だがエッセンスはつかめる。 経済学から貧困や格差、ガバナンスの問題も説明されてて、いろんなテーマに手を広げたくなった。 オーディオブックになると便利だと思う。

2018/01/23

犬こ

ものごとには、トレードオフがあります。トレードオフとは、何かを重視すると別の何かがおろそかになるような、両立しがたい関係のこと。繁栄するものがあれば、そうでもないものがあり、それは不変ではなく、それが経済の世界だと感じました。アメリカを主とした経済学入門ですが、日本に置き換えても分かりやすい一冊。

2017/03/16

PONSKE

「ベストよりベターを目指す」市場は自然に任せる部分と、介入する部分で成立する。ただ、この介入には1つをいじれば他がおかしくなる、トレードオフの関係がある。誰もが損しない策を出すことの難しさを学べた。舞台はアメリカだが、社会保障のあり方、投票率の低さは日本も無関係には思えなかった。

2018/03/23

ちーたん

~大学の人気教授の本は、機会あれば読むようにしています。ミクロ経済学に興味があるものの、大学で経済学を勉強するというわけにはいかないので本を読むのですが、経済学は企業も政治も信用できない。というのが前提にあり、それだけでも勉強になります。民主主義の本来の意味を忘れている!! 日本の「一億総活躍」・・・言葉だけでなければ、民主主義政治かもしれないけれど、上層部だけが裕福になるのは、民主主義とは言えません。

2015/10/15

感想・レビューをもっと見る