読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うみべの女の子 2 (F×コミックス)

うみべの女の子 2 (F×コミックス)

うみべの女の子 2 (F×コミックス)

作家
浅野いにお
出版社
太田出版
発売日
2013-02-21
ISBN
9784778321871
amazonで購入する Kindle版を購入する

うみべの女の子 2 (F×コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

読み応えある厚みだったがサクサク読み終えてしまった。与えてるのは愛じゃなく単なる行為。中学生の小梅と磯辺の恋愛とは別物の、欲望の貪り合いが見れば見るほど虚しくなる。なのに純愛に見えてしまう錯覚。もしかしたら彼ら自身もそう感じていたのかも。あと、磯辺の兄の事情や背景がもう少し知りたくもあったが、それはさして重要なことじゃなく、大事なのは兄のブログを代わって更新し続けている磯辺の気持ちのほうだろう。小梅はしたたかに生きていきそうだけど、磯辺の将来がとても気になり、素直に生きることの難しさをあらためて感じた。

2013/10/16

kanon

結局これはただの恋愛。青春。そして人生。皆が本当は思ってる事を代弁してくれているだけの話。「学校は嫌じゃないけれど、じゃあ毎日楽しいのかって考えると、楽しそうに振る舞ってるだけなんじゃないかって思う」確信。「思い描いてた理想とは全然違うけど…色んな事が積み重なって結局俺らしいと思うし、無理に慌てて何か見つける事ぁねーんじゃねーの?」共感。その後にさらっとプロポーズ紛いの事をする鹿島がムカつくのは、やはりどこかで小梅は磯辺とくっ付いて欲しかったと思う自分がいるからだと思う。でも思い通りにいかないのも、人生。

2014/01/19

麻衣

ぼくら同じ曲をきいていたってここにはっぴぃえんどはないんです。だからちょっと泣きそうなんです。きみはぼくの特別な女の子ではないんです。だから普通のしあわせになってよ。きみが上半身からこぼすきれいな涙をなにか汚いものでもみるような目でみてしまうんです。明日死にてぇわとか言ってみながら、来週のドラマの続きがどうにも気になって仕方ないんです。ひとは簡単には死なんのです。たまにはゆめでもみるんです。歌詞が光ってみえるんです。朝がきれいだっておもうんです。特別なあの子と生きてみたいんです。それはきみではないんです。

2020/07/06

ソラ

途中の流れからもっと破滅的な終わり方をするのかなと思いきや、綺麗にというかあっさりと完結したかなぁという感じ。どんな作品なのかといえばなんとも言えないけれど妙に印象に残った

2013/03/10

ちぇけら

再読。孤独になりたくないから、あなたを抱きよせたのだった。からだはなにも話さないから、理屈っぽくないから、楽だよ。かんたんに湿った股から波のおとがする。風が鳴る。春は勝手におわってしまう。嫌いだとおもうほど、好きになってしまったのだね、わたしは。だから、取り返しのつかないほどに、死んじゃえっておもった。何度も、何度も。そしてそのあとで、あなたが欲しくなった。水平線のように深くまじわりたかった。 撥ねつけるほどに近づいて、近づくほどに失われてゆくあなたが好きよ。大丈夫。うみのなかでは、泣いたってかまわない。

2020/05/18

感想・レビューをもっと見る