読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

沖縄子どもの貧困白書

沖縄子どもの貧困白書

沖縄子どもの貧困白書

作家
加藤 彰彦
上間陽子
鎌田 佐多子
金城 隆一
小田切 忠人
沖縄県子ども総合研究所
出版社
かもがわ出版
発売日
2017-10-25
ISBN
9784780309294
amazonで購入する

沖縄子どもの貧困白書 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆう。

全国で一番子どもの貧困率が高い沖縄。その現状を統計的にも当事者たちの声からも迫っています。また、自治体を始めとした公的な取り組みと民間の取り組みが紹介されており、僕は子どもの貧困に公的・民間がスクラムを組んで取り組んでいくことが大切だと思いました。また、沖縄戦とその後の米軍の占領や米軍基地があるから沖縄の貧困はより深刻であるということも学べたように思います。平和と貧困解決はつながっているのだと思います。とても勉強になりました。

2017/12/15

paca

物価が東京とほぼ変わらないのに最低賃金や年収の低さに驚いた。戦後沖縄だけが福祉法を制定されなかったために苦労した事や占領下に置かれた大きな歴史的背景があったとしても、未来を生きる子ども達には関係無い。過去よりも未来へ。事実を知ってよかった。

2017/12/21

Akio Kudo

★★★★ 少し読みづらい部分はあるが、沖縄の児童や若者の貧困の実態を知るには適切な資料。余りにも酷い環境には言葉がない。一体政治家は何をしているのかと憤る。

2018/06/30

感想・レビューをもっと見る