読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

微生物ハンター、深海を行く

微生物ハンター、深海を行く

微生物ハンター、深海を行く

作家
高井研
出版社
イースト・プレス
発売日
2013-07-06
ISBN
9784781610061
amazonで購入する

微生物ハンター、深海を行く / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

イマイチ。超好熱菌という海底火山付近にいる微生物を研究している人のエッセーなわけだが、いかんせん著者の文章のクセが強い! 文章全体から「がんばっておもしろい文章にしよう」という意気込みが伝わってきて、それが返ってヤリスギに感じたり、白けてしまう要因になっているのではないか。あと、若い人に読んでほしい割には全体的にネタのチョイスが古すぎるのもNG。科学者(というか著者)が自分のやりたい研究を行うための場所を見つけるのもなかなか大変なのね、というのはわかるが、個人的にはおススメしかねる。

2018/01/04

どんぐり

本書に関連の深い特別展「深海2017」が東京・上野の国立科学博物館で開催中だ。見に行きたいと思っているが、先延ばししている。著者は海洋研究開発機構(JAMSTEC)深海・地殻内生物圏研究分野のチームリーダーで、専門は地球微生物学。研究テーマとして、“約40億年前、地球最古の持続的生態系は大量の水素を含む熱水で誕生した”とする仮説を提唱。これまで「しんかい2000」「しんかい6500」の有人潜水艇に搭乗して深海探査を行っている。本書は「ヒトはどこから来たのか、海の底から」という答えを探す、熱血あふれる研究フ

2017/07/20

coco

JAMSTECの地球微生物学者の自伝。科学者と聞くとすごくお堅いイメージが強かったけど、一気にひっくり返った。文体が軽すぎて読みづらいと思う人もいるかもしれないけど、最後まで楽しく読めた。深海面白い。興味は尽きない。いつか生命の起源が解明される日が来るのか。蛇足だけど、京大時代、四畳半に住んでいたとあって、森見登美彦さんを思い浮かべた。。

2014/01/04

yo@芒羊會_1124文学フリマ

深海底の微生物を追いかけ、生命の起源を解き明かさんとする研究者の自叙伝。Twitterも似たような文体だったので、そういう人なんだろう笑。ノリがおっさんくさいと感じるのはジェネレーションギャップというやつだな笑。しかしそんなウザ文体とは異なり、内容自体はとても面白い。一学生だった時代から、研究者として身を立て、いくつかの功績を遺すまでの心の動き、どこで何を感じ、何を考えてどのように行動してきたのか。そういった人間的な部分がかなり良く見える。これ読んで研究者って面白そうだなあなんて思う人も出てくるだろう。

2018/06/10

七月せら

しんかい6500のパイロットや技術といった運行側の話はいくつか読んだことがありますが、実際しんかい6500に乗って研究・調査をする研究者のエピソードは初めてでとても面白かったです。研究者はどんな人生を歩んでいるのか。どんな研究がどんな事に繋がっているのか。ちょっとノリのウザい(笑)語り口で研究者っぽくないですが、そこがまたいいのかなと。研究内容は全く専門外ですが、適度に分かりやすく少し知った気になれるいい塩梅で興味が湧きました。これからもどんどん生命の起源を探って下さい。

2016/10/14

感想・レビューをもっと見る