読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

対論! 生命誕生の謎 (インターナショナル新書)

対論! 生命誕生の謎 (インターナショナル新書)

対論! 生命誕生の謎 (インターナショナル新書)

作家
山岸明彦
高井研
出版社
集英社インターナショナル
発売日
2019-12-06
ISBN
9784797680478
amazonで購入する Kindle版を購入する

対論! 生命誕生の謎 (インターナショナル新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tetsu

★3 生命の起源は驚くほど分かっていないことを知ることができた。分子生物学が解明した生命の緻密さは、その断片さえつかみきれていない。 初めから完成形があって、細胞内の核に、いろいろなパターンのDNAを入れ込んで惑星上でシミュレーションした結果、現在の地球の生命ができた、というような話の方が説得力がある。太陽の巨大化で地球が滅びる前に宇宙に向け種を撒く。自らの代謝でテラフォーミングしながら進化するDNAを持った種がうまく花開いたのが第二の地球になり、そこで進化した第二の人類が自らの起源を考察する、なんてね。

2020/02/09

ケイジ

太古の地球で最初の生命は深海熱水噴出孔の近くで発生したのか、それとも陸上の温泉で発生したのか、を軸に生命や宇宙について広く解説されます。知らなかった事ばかりで非常に興味深く読みました。

2020/08/12

清水勇

無機物から有機物ができる仕組みは解明されているが、有機物から生命が誕生した謎はこれだけ生命の構造や機能が究明されているにも関わらず、未だに大きな謎だ。この謎に対して、生命の起源で全く異なる意見を持つ二人の研究者(深海の熱水噴出孔起源説、陸上の温泉起源説)が、生命の定義や進化の必要性他をテーマに激論を交わされるので、どこまでわかって、何が分からないのかがよく理解できた。生命の材料が宇宙からやってきた可能性や、土星に謎を読み解く鍵があること等、大きな謎に挑戦される研究者の方々の話にはワクワクしっぱなしだった。

2020/03/16

cocolate

「対論!」なので想像はしていたが、何かわかるという内容ではないですね。わからないこと、謎があるんだと。生命の定義のところは、何度も登場するたびに、はがゆい感じ。

2019/12/22

takucyan1103

生命は、いつ・どこで・どのようにして誕生したのか。

2020/04/20

感想・レビューをもっと見る