読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO1 (新日本プロレスブックス)

トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO1 (新日本プロレスブックス)

トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO1 (新日本プロレスブックス)

作家
内藤哲也
出版社
イースト・プレス
発売日
2018-07-15
ISBN
9784781616872
amazonで購入する Kindle版を購入する

トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO1 (新日本プロレスブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Y2K☮

彼を初めて生で観たのは2007年のG1最終日。宇都宮隆っぽい見た目で動きも素晴らしかった。デビュー1年のレベルじゃなくて「こりゃすぐに出世するな」と。でも若い頃の武藤敬司と同じで、カッコいいけど心の奥までは響かなかった。裕二郎とのコンビも目立っていたのは内藤だが、私はサポートする裕二郎を見てた。デビュー前から今の仲間であるEVILやBUSHIと面識があったのは有名だけど、先輩後輩を問わず意外な程に好かれてる。爽やかな笑顔と人当たりの良さが原因だろう。今も同じ。なのに以前の彼は妙に鼻についたのだ。興味深い。

2018/07/24

0607xxx

内藤哲也のデビューから若手時代は、プロレスから離れていたので、知らない話ばかりで新鮮だった。ファンから支持を得られずブーイングを浴びる状況…そして、2015年夏の凱旋からの現在…下巻が楽しみ!お客さま思いの優しい男というのが、読んでいてよく分かる(笑)

2018/07/17

黒井

20-13】読了後にスマホを見たら1・5後のインタビューが公開されていて「病院に行くのが嫌い」との発言が。一貫していて噴いてしまったけどその後行ってくれて良かった。くれぐれもお大事に!/努力だけでどうにかなる世界ではない事は傍目にも想像がつく。身長なんかの先天的な要素に加えて、好機を掴む運とか瞬発力とか諸々。一見遠回りや寄り道に見えるような日々でも結果15歳の頃に掲げた壮大な目標へと繋がっている様が大河みたいだ。こうして振り返る事で気付ける人との縁も興味深かった。LIJ前夜、よりも更に前の内藤さん。新鮮。

2020/01/19

摩訶不志木

ロスインゴ以前の内藤哲也の自伝。ロスインゴ以降しか知らない私にとっては新鮮な話ばかりだった。関本や忍とも対戦してたとは意外。メキシコ好きすぎる。

2019/10/17

サラダ

現在、業績絶好調の新日本プロレスにおいて、一番人気がある内藤選手の下積み時代の話が中心になっています。自己プロデュースの大切さについて考えさせられました。

2019/06/03

感想・レビューをもっと見る