読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

弁護士探偵物語 天使の分け前 (『このミス』大賞シリーズ)

弁護士探偵物語 天使の分け前 (『このミス』大賞シリーズ)

弁護士探偵物語 天使の分け前 (『このミス』大賞シリーズ)

作家
法坂一広
出版社
宝島社
発売日
2012-01-10
ISBN
9784796688147
amazonで購入する

弁護士探偵物語 天使の分け前 (『このミス』大賞シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

弁護士探偵物語その1。デビュー作。面白かったんだが、殺人の多さと若干読みにくいなと感じたことが欠点。次作以降に期待する。

2014/02/20

タックン

昨年のこのミス大賞作。検事物読んだ後だから反対側の弁護士側が検察庁・裁判所の司法当局の闇を訴えるという意欲作って感じたけど軽く読ませるつもりで使った冗談・ジョークの連発が却って読み難さを与えて残念だった。だから問題の本質が伝わらないなあ。探偵ハードボイルドは好きだからまあ面白かったけ・・・・・。いろいろと込入ってたけど結局は製薬と医療関係の癒着・悪事ってお決まりの話だったとこが浅かったなあ。ハードボイルドの大家のレイモンド・チャンドラーにかぶれ過ぎだし・・・・。ちょっと残念な1冊。次を期待

2012/12/30

よむよむ

このミス大賞作品。どこかで読んだような物語だった。前半はなかなかの引き付け具合だったが、後半になってあれれ~ クライマックスはなんじゃこりゃ~ 主人公の“へらず口”には半ばからかなり引いた。選評を読んだら、仕方なくコレを選んだみたいなことがいくつも書いてあって、だったら受賞なしでいいやんっとツッコミました。

2012/05/15

true10vv

遅ればせながら「このミス大賞」の頂点を読んだ。きっと博識な人やハードボイルドには面白い内容だったのだと思う。私はたぶん、作者の意図する面白さが半分もわかることができなかったのだと思う。ごめんなさい。

2012/07/11

くりきんとん99

主人公の話し方が前半、鼻についてしょうがなかったけど、ストーリーのテンポが良く、途中から気にならなくなった。ただ、この弁護士のキャラと行動が合わないような・・・。やる気無さそうなわりに、やりすぎて懲戒処分を食らうし、もう少し考えて行動すればこんなことにならなかったのでは?弁護士ってもっと頭がいいのでは?と思わずにはいられない。それが面白いんだろうけど。

2012/04/09

感想・レビューをもっと見る