読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

証言 新日本プロレス「ジュニア黄金期」の真実

証言 新日本プロレス「ジュニア黄金期」の真実

証言 新日本プロレス「ジュニア黄金期」の真実

作家
前田 日明
ザ・グレート・サスケ
鈴木みのる
大谷 晋二郎
エル・サムライ
ほか
出版社
宝島社
発売日
2019-10-28
ISBN
9784800299390
amazonで購入する

証言 新日本プロレス「ジュニア黄金期」の真実 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

緋莢

2020年1月の東京ドーム大会での引退を発表した獣神サンダー・ライガー。本人は「たまたますごい選手が同時期にいたってことですよ。そこでシノギを削り合えたってこと。 いいライバル、対戦相手に恵まれました。むしろ、僕が感謝しなくちゃいけない」と語りますが、この本の中で金沢克彦が書いているように<ライガーがその中心軸にドンといたからこそ、みんな輝くことができた>というのが正しいでしょう。そんなライガーや、90年代の新日本プロレスのジュニアについて、レスラーからの 証言を中心にまとめた本(続く

2019/12/15

0607xxx

獣神サンダー・ライガーと関わりがある先輩や後輩、新日本プロレスの90年代のジュニア黄金期を支えた面々などが登場し、当時の舞台裏などを証言しているが、改めてライガーの偉大さを知る。金本浩二はこのままライガーと絡まないのかな…。まだ未発表の1.5の対戦カードが気になる所。

2019/10/30

qoop

前作で個人に焦点を当てたこのシリーズ、新刊はライガーと90年代新日ジュニア。ついにプロレスちょっと良い話に終始するようになったか…と読み進めたせいか、最後の南条隼人インタビューは良かった。〈新日本の人たちって普段は優しい〉が、試合になると〈殺されると思ってましたからね〉で本書は少しは救われたといえるかもしれない。付言すると、スキャンダラスな話や裏話が読みたい訳ではない。本シリーズに期待していたのは、同じ出来事も当事者それぞれの中ではこうも理解が異なるという伏魔殿ぶり。それをプロレスとして感じたいのだ。

2019/11/02

Tak

ライガー引退に絡めた本だけどあまりライガーの話は出てない感じ。特に前田日明の八兵衛呼びと自分の話がメインなのはらしくて面白い。船木、鈴木みのる、藤原からインタビュー出来たのは良かったし新日ジュニア黄金メンバーからカシン以外のインタビューがあったのも良かった。ペガサス、エディ・ゲレロ、ハヤブサの早逝は残念だがライガーが元気に引退出来るのはずっと見てきたファンからも嬉しいです

2019/11/03

mm71

証言シリーズに新日ジュニア黄金期が登場。巻末の南条隼人の証言がよかった。普段は優しい人だが、試合は怖いという新日本評。金本の証言とも対になっていて、読みごたえあり。

2019/11/03

感想・レビューをもっと見る