読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぼのちゃんとしまっちゃうおじさん

ぼのちゃんとしまっちゃうおじさん

ぼのちゃんとしまっちゃうおじさん

作家
いがらしみきお
出版社
竹書房
発売日
2020-04-27
ISBN
9784801922563
amazonで購入する Kindle版を購入する

ぼのちゃんとしまっちゃうおじさん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

『ぼのちゃん』最終巻。あとがきでいがらしみきおが述べているように、やや感傷的な内容となっている(内省的、と言ったほうが正確かもしれない)。ぼのちゃんにしか見えないエアおじさんは、日常を生き抜くためのぼのちゃんによる自衛本能から生まれたかのように思える。しかし、そのエアおじさんが、最後にはぼのちゃんをしまおうとするしまっちゃうおじさんになってしまう辺りが、なんとも哲学的で、ゆえに『ぼのぼの』の真骨頂だ。理学療法士としてのしまっちゃうおじさんは、当然のように、ぼのちゃんに通過儀礼を促す。

2020/05/13

思えば遠くまで来てしまった、その残されたもののおさらいのような(と、あとがきを読んで思った)。このおじさんは風貌から、スナドリネコさんが初期にしばしば口にしていた「それは秘密です」の秘密の部分をぼのぼのが妄想したものかも(と、あとがきを読んで思い出した)。

2020/05/01

江藤はるは

このへんなおじさんは、まだ心の中にいるのです。たぶん。

2020/05/01

チョビ

しまっちゃうおじさんはどこにいるのだろう…? いない方がいいのかいた方がいいのか…。

2020/11/21

感想・レビューをもっと見る