読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

鉄道デザインの心 世にないものをつくる闘い

鉄道デザインの心 世にないものをつくる闘い

鉄道デザインの心 世にないものをつくる闘い

作家
水戸岡鋭治
出版社
日経BP
発売日
2015-06-23
ISBN
9784822275419
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「JR九州側に立たないでデザインしていいですか。僕は利用者の立場でありたい」
「ななつ星」「或る列車」から駅・街まで、水戸岡氏が仕事の心構えと覚悟を語る本はこれが最後

JR九州の超豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」の鉄道デザインなどで知られるデザイナーの水戸岡鋭治氏が、世の中になかった列車や駅を生み出していく中でのさまざまな“闘い”を明らかにした本。著者は、利用する人の立場に徹して、顧客である鉄道会社、車両メーカーや国土交通省を説得し、時には自らの考えを改めながら、顧客にとって最善と思われるものを実現していきます。

水戸岡氏はデザイナーの仕事について「顧客の要求を汲みとり、交渉し、妥協し、予算を管理し、値切り、請求書を発行し、地べたを這いまわってものを創り上げていく仕事」と言い切ります。「自分の中からわき上がってくるものを作品にするアーティストとは違う」。むしろ技術者、設計者が手掛ける仕事に極めて近い、“ものづくり”というべき仕事なのです。その視点は常に、車両に乗る人、駅を使う人の側にあります。

2015年8月8日運行開始予定のJR九州「或る列車」や大分駅リニューアルなど、水戸岡氏の2015年の仕事にも言及しています。ななつ星の洗面台を担当した14代目酒井田柿右衛門をはじめとした車両の内外装、小物などを手掛ける数多くの職人との、まさにものづくりの共同作業の描写にも多くの紙数を割いています。仕事に向けての心構えやヒントが数多く散りばめられている一方で、鉄道デザインの舞台裏を色濃く楽しめます。

鉄道デザインの心 世にないものをつくる闘い / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tadashi_N

デザイナーはデザインだけ行うのではない。プロデューサーであり、調整者であり、顧客を説得する役目もある。

2019/03/09

tapioka

JR九州の鉄道車両をメインにデザインの仕事をされている水戸岡鋭治さんが、九州一周豪華車両の「ななつ星」をデザインした際の車両や窓枠などへのこだわりや、仕事の進め方などを述べた本。水戸岡さんの熱意が伝わってくる熱い内容で、細部までこだわり抜き、依頼主と闘いながらいいものを作っていく姿はデザイナーという軽い言葉ではなく、職人と呼ぶに相応しい方であると感じました。効率主義に走り過ぎた社会への警笛も鳴らしていましたね。また、自分のイメージを相手に伝え納得させるのに苦労されていた内容が非常に参考になりました。

2015/12/22

Kei

感動!東京五輪もこちらにはいっていただいたら?(笑)ただ、こういう人を動かすには、JR九州社長のような危機感を持ったtopが必要。福沢諭吉の学問ノススメより、哲学、歴史学、経済学を以ってちゃんとしないと、なにごともできないんだ、との信念。鉄道デザインを超えた著書です。

2015/08/15

luckyair777

お客さんに本当にいいものを提供するために、プランや素材に徹底的にこだわる。旧態依然な組織や考え方に対して歯に衣着せぬ物言いで九州に新しい風と勢いを吹き込む。理想が高いので、関係者は大変だろうなあと思いつつ、こういう風に世の中の特に大企業が変わっていけば日本全体がもっとおもしろくなっていく感じがした。本当に地域の人やお客さんのことを考えている人。無人駅を廃止するのでなく、逆に釣りや園芸を楽しむためのスポットにするというアイデアは秀逸。金儲け本意の経済効率や既存概念を打ち破っていってほしい。★★★

2016/01/13

ジュースの素

JR九州の「ななつ星」で一躍有名になった三戸岡氏。彼は九州だから出来たと言う。JRの東海や東日本は資金力はあるが、大きすぎて「意見が通らない」と言う。九州を走る幾つかの個性的な列車は なるほど考えられているなぁ。彼は駅舎のデザインも手掛けている。私は九州には行った事がないし、実際に見てないので分からないが、写真で見る限り 好みではない。 駅は非常にその地を表す重要な建物かと思うが どうもピンと来ない。 列車がどんな素敵な内装でも、日本の景色自体がイマイチでネ・・・。 憧れの列車は「ザ・ガン」だなぁ。

2015/10/21

感想・レビューをもっと見る