読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

岡村靖幸 結婚への道 迷宮編

岡村靖幸 結婚への道 迷宮編

岡村靖幸 結婚への道 迷宮編

作家
岡村靖幸
出版社
マガジンハウス
発売日
2018-11-01
ISBN
9784838730254
amazonで購入する

「岡村靖幸 結婚への道 迷宮編」のおすすめレビュー

岡村ちゃんが結婚の謎を探る! 今田耕司、西原理恵子&高須院長…38人に聞いて出した答えは?

『岡村靖幸 結婚への道 迷宮編』(岡村靖幸/マガジンハウス)

 結婚ってなんだろう。人が決めた制度に苦しくなったり、楽しくなったり、振り回されたり。「結婚したくない」と言っている人も、「したくない」と言っている時点で、結局、結婚を意識していたりする。

『岡村靖幸 結婚への道 迷宮編』(マガジンハウス)はファッション誌『GINZA』の人気連載「岡村靖幸 結婚への道」の単行本第2弾だ。ミュージシャンの“岡村ちゃん”こと岡村靖幸が結婚について一家言ありそうな有名人、一癖も二癖もある有名人と「結婚とは何か」をテーマに語り合っている。

 青春や恋愛の機微を描いた歌詞で圧倒的な支持を得ている岡村ちゃんだが、50代にして未だに結婚の経験がない。インタビュアーとしてゲストについて徹底的にリサーチをした上で対談に臨んだ岡村ちゃんは「どうしたら理想の相手に巡り会えるのか?」「結婚したら愛は冷める?」「育児ってやっぱり大変?」など、ゲストにストレートな質問をぶつけていく。

 ゲストには、ラブラブ夫婦のオカモトレイジ&臼田あさ美。結婚制度反対派フェミニストの上野千鶴子。芸能人…

2018/12/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

岡村靖幸 結婚への道 迷宮編 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケー

当初の目当てはオカモトレイジ&臼田あさ美のバンドマンと女優の年の差夫婦のエピソード目当て。それももちろん面白かったけれど、「結婚」をテーマにここまで幅広い対談を読むことができるなんて。上野千鶴子さんとのヒリヒリした対決、壇蜜さんの悟りのような徹底した自己分析に驚かされ、朝吹真理子さんの少し(いや、だいぶ?)浮世離れした感性、MEGUMIさんの肉食さとkjの漢に触れる‥‥。贅沢すぎる一冊。あと、大学闘争時代の方々は全体的にパンクな方々が多いような。世代による価値観の微妙な違いも読みどころのひとつ。

2019/01/06

chiha

ミュージシャン・岡村靖幸さんが、著名人たちと結婚をテーマに対談した雑誌連載の書籍化第2弾。6年も結婚について対談したのに結婚しなかった岡村ちゃん。途中から自身の結婚願望を横に置いて、対談相手の結婚観や人生観を聞いていたような感じでしたが、それがすごく面白かったです。俵万智さんが岡村さんの歌詞から感じたことを伝えているところがとても素敵でした。

2018/11/07

おもち

前編と同じく面白く読めました。結婚して人生をスパイラルさせたい、という気持ち良く分かるな。100点満点の結婚の形、死ぬまで一緒に居たいほど愛しあっている2人、というイメージだったけれど、そういうロマンと、それを縛るためのただの制度であるという実用性の狭間で、人それぞれの形があるのかなと思いました。最後の編集者さんとの対談を読んで、岡村ちゃんって歌とは裏腹にさらけ出さない人なんだなーと。

2019/01/08

カコ

前作もそうでしたが、読んでも読んでも岡村ちゃんへの共感しかなく。今生での結婚は遠いな…。 それはさておき、インタビュアー岡村靖幸氏の誠実な姿勢とそれに応えてどんどんプライヴェートな部分を見せてくれる対談相手の相乗効果が素晴らしいなぁ、と。

2018/12/25

ほいっぷしゅー

能町みね子の解説がすべてというか……、リアルとロマンの対立でしょうし、岡村ちゃんはリアリストにはなれないよなぁ……。

2018/11/15

感想・レビューをもっと見る