読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

意味も知らずにプログレを語るなかれ (Guitar magazine)

意味も知らずにプログレを語るなかれ (Guitar magazine)

意味も知らずにプログレを語るなかれ (Guitar magazine)

作家
円堂都司昭
出版社
リットーミュージック
発売日
2019-07-11
ISBN
9784845633562
amazonで購入する

意味も知らずにプログレを語るなかれ (Guitar magazine) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

風鈴

読みながら、プログレを探しました。引っ越ししてから、音楽は段ボールに入ってるので、良い運動になりました。そう言えば、有栖川有栖さんもプログレ好きでしたね。ちなみに発掘したのは、ピンク・フロイドの狂気や、イエスの危機、ジェネシス(ピーター・ガブリエル時代)、エマーソン・レイク&パーマーのタルカス、展覧会の絵、キングクリムゾンのレッド、スラック等。紙ジャケットってなかなか良いですね。

2020/03/01

Tetsuji Yamaguchi

★★★

2019/07/17

しゅー

★★★ プログレの手際良い紹介本にもなっていて個人的にツボです。世界観が重要なプログレバンドにとって、歌詞を誰が書くかは重要なのだなと改めて思います。バンド内の人間関係にも響いてるみたいだし。また、SF やファンタジーからの影響も私の好みと重なる作品が多くて納得。ただ、題名から想像するより歌詞そのものの紹介は少なめ。著作権の関係で英詩を載せられないものも多いとか。残念。

2019/07/28

感想・レビューをもっと見る