読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユーカリの木の蔭で

ユーカリの木の蔭で

ユーカリの木の蔭で

作家
北村薫
出版社
本の雑誌社
発売日
2020-05-22
ISBN
9784860114428
amazonで購入する

ユーカリの木の蔭で / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

北村さんのご自分が読んだ本について様々なつながりからのエッセイです。単なる本についての紹介ということではなくその本にかかわるちょっとしたことなどをつぶやいておられます。本の題名からするとゆったりと心に感じたことなどを自分の気持ちの赴くままに書かれているようで肩を張らないで読むことができました。

2020/10/22

nico

北村薫さんによる読書エッセイ。改めて北村さんの知識の幅の広さに驚かされた。日本の文豪は元より、数学、徒然草、落語、俳句、ソクラテス、江戸川乱歩…北村さんの好奇心は一体どこまで続くのか。特に印象的なのはサイデンステッカー氏が落語を通じて日本語を身につけられた話。落語を理解することは日本語の習得のみならず、文化人類学、社会学、民俗学、時代考証なども並行して学べる、という。落語がなかったら『雪国』の名訳もなく、川端康成のノーベル賞受賞もなかったかもしれない、というから驚きだ。落語の奥深さを見直した。

2020/09/20

けろりん

【積読本消化】北村薫さんのイメージは、『中野のお父さん』。編集の仕事をする娘が持ち込む疑問に、間髪入れず書籍の知識で応える。その博覧強記とも言うべき書物愛!2006年から2017年にかけて連載されたエッセイを一冊に纏めた本書は、書物の一節から思惟の翼を拡げ、洋の東西、時空をも超え、書籍の宇宙を自在に翔け巡る。或いは、入籠の箱を次々開けるように新たな展望が拓ける。ああ、これは『円紫さんと私』シリーズの“私”に出会った時の高揚。こんな風に本を読み、本を愛おしみ、本を語りたい。そんな切なる想いが甦る読書だった。

2020/12/14

ぶんぶん

【図書館】本当に興味の広い人だ、古本屋巡りもそうだが、一つの事を追いかけるとまっしぐら。本当に本の事が好きなんだろうな。一つの事から、又一つ謎が繋がって行く、こんな思考回路は文学者はみんな持っているんだろうか。 しかし、知識の豊富な人だ。どんどん湧き出している、たぶんこういう人は人生に飽きるって事は無いんだろうな。自分が持っている「現代作家自作朗読集」の事が書いてあることが嬉しい。意外と持っている人は少ないと思う、添付のソノシートは聴こえるかどうかは定かではありませんが(笑)いろいろと遊ばせてありがとう。

2020/06/26

qoop

一冊の本から連想が広がり、次から次へと著者の興味のあり方が繋がっていく。その筋道にハッとさせられ、なるほどとうなづかせられる。AからBヘの発想の飛躍は、印象として著者のミステリにおける推理の道糸と重なる。創作そのものに触れている訳ではないが、その思索のあり方が示されているようにも感じられた。作家の読書ノートを読む際には作品の元ネタ探しなどしたくなるが、本書はそレよりもっと作家の芯に近いものを受け取れた気がした(勝手に)。

2020/06/02

感想・レビューをもっと見る