読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

仕事論

仕事論

仕事論

作家
藤村忠寿
嬉野雅道
出版社
総合法令出版
発売日
2019-02-07
ISBN
9784862806635
amazonで購入する

「仕事論」のおすすめレビュー

名物ディレクターが語る『水曜どうでしょう』がローカル番組なのに大ヒットしたワケ

『仕事論』(藤村忠寿、嬉野雅道/総合法令出版)

 北海道発の超人気ローカル番組『水曜どうでしょう』。大泉洋さんと鈴木貴之さん(=通称ミスター)が出演するこの番組は、1996年から2002年までレギュラー放送され、その面白さが口コミで広がり、ローカル番組なのに全国放送されるまでに至る。レギュラー放送終了から15年以上が経過した現在でも全国で再放送されており、その人気ぶりは東京キー局が制作する番組にまったく負けていない。

 かくいう私もこの番組が大好きだ。特に大笑いした企画が、四国八十八か所完全巡拝の旅。大泉さんが四国の細いうねうね道を車酔いに苦しみながら巡拝し、不満がたまってディレクターにぼやく。無茶な巡拝スケジュールに押されて心がすさみ、岩屋寺で悟りを開いたかと思えば、パンの取り合いでディレクターとケンカする。この企画が再放送されるたびに「ありがたいな~」という気分になる。大泉さんが放つ苦悶の表情と怒声に誰もが笑うはずだ。この番組は視聴者に元気を与える。

『仕事論』(藤村忠寿、嬉野雅道/総合法令出版)は、『水曜どうでしょう』を制作した名物スタッフ、チ…

2019/3/6

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

仕事論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

えりやん@道東民

藤やんとうれしーの本。対談形式ではなくお一人ずつ交互に書かれているけど内容は繋がっている。嬉野先生は「そこにいてくれ」とか思わず相談しちゃったりとかホントに素敵な存在だなぁと思います。学校の先生か親戚の叔父さんにいて欲しいカンジ。お父さんだと話長くて聞けないかも知れないので(笑)

2019/02/09

Yoshiyuki Kobuna

これ、仕事の言語化とコミュニケーションがキモで、稼ぐとしてでなく娯楽として楽しんでいる身には、この一冊はその確認であるし、『水曜どうでしょう』を楽しんでいる者には、歩んだ歴史そのものの再確認になるのかな。

2019/03/07

『読書=感謝』

「役割はどんどん変わっていくもの。役割に固執することなくどんどん変えていく」

2019/03/16

みみず

★★★(制作番組のファンなら★★★★以上)

2019/03/12

mayu

どうでしょうを知ってるから分かるなぁってなるけど、知らない人からしたら何言ってるんだろう?ってなる気がする。 でもふたりの仕事論はウチにはしっくりきた。

2019/03/10

感想・レビューをもっと見る