読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

仕事論

仕事論

仕事論

作家
藤村忠寿
嬉野雅道
出版社
総合法令出版
発売日
2019-02-07
ISBN
9784862806635
amazonで購入する

「仕事論」のおすすめレビュー

名物ディレクターが語る『水曜どうでしょう』がローカル番組なのに大ヒットしたワケ

『仕事論』(藤村忠寿、嬉野雅道/総合法令出版)

 北海道発の超人気ローカル番組『水曜どうでしょう』。大泉洋さんと鈴木貴之さん(=通称ミスター)が出演するこの番組は、1996年から2002年までレギュラー放送され、その面白さが口コミで広がり、ローカル番組なのに全国放送されるまでに至る。レギュラー放送終了から15年以上が経過した現在でも全国で再放送されており、その人気ぶりは東京キー局が制作する番組にまったく負けていない。

 かくいう私もこの番組が大好きだ。特に大笑いした企画が、四国八十八か所完全巡拝の旅。大泉さんが四国の細いうねうね道を車酔いに苦しみながら巡拝し、不満がたまってディレクターにぼやく。無茶な巡拝スケジュールに押されて心がすさみ、岩屋寺で悟りを開いたかと思えば、パンの取り合いでディレクターとケンカする。この企画が再放送されるたびに「ありがたいな~」という気分になる。大泉さんが放つ苦悶の表情と怒声に誰もが笑うはずだ。この番組は視聴者に元気を与える。

『仕事論』(藤村忠寿、嬉野雅道/総合法令出版)は、『水曜どうでしょう』を制作した名物スタッフ、チ…

2019/3/6

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

仕事論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岡本

やはりこの二人の哲学は面白い。現代社会では憔悴して忘れてしまった働き方の本質を貫いている様な二人。辛い社会を嘆く声が多い中、歳を重ねれば重ねるほど面白いという声は若者に希望を抱かせてくれる。二人の思う「面白い」をこれからも楽しみたいと思った。

2019/05/23

ぐっち

ダンナと息子が「水曜どうでしょう」に最近はまり、過去のを掘り返して見ているので読んでみた。藤村さんとうれしーがどういうことを考えながら「どうでしょう」を撮ってきたのかと語ってくれる。ビジネス書っぽく重要そうなところに色付けしてあるが別にノウハウではなく、2人の考え方・生き方についての話。「一生どうでしょうします」「『どうでしょう』は僕たち自身でもあるんです。」

2019/06/15

フク

水どうD陣の仕事の捉え方。結局は「好きにしてください」と似たような結論になる。 * 常に次の展開を考えているという藤やんに、次の展開をわからなくなったと言わせる絵ハガキ2のみすたさんはさすが。 * あとがきのうれしーの一言は救われる。

2019/11/08

tokkun1002

2019年。「水曜どうでしょう」関連本。2人のディレクターが、エピソードを交えて仕事や企画、発想法などを語る。これまでにないまとまりで共感する事もある。

2020/01/19

ごはん

水曜どうでしょう名物の藤村Dと嬉野さん ローカル番組が全国区になるきっかけとなった伝説の番組を担当した2人が語る内容は非常に単純明快であるが本当に為になることばかりでした。 水曜どうでしょうの裏話なども時折交えているため、番組を見た方ならくすっと笑ってしまう箇所もあると思います。 サクッと読めて奥が深く面白い。 さすがだなぁと感心しました。

2019/07/22

感想・レビューをもっと見る