読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】

作家
百田尚樹
出版社
飛鳥新社
発売日
2019-03-01
ISBN
9784864106825
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

大幅加筆でついに文庫化!





・私たちの先人は朝鮮半島で何をしたのか?

・朝鮮にかかわったのが大失敗だった!

・残酷すぎる日韓関係の真実、併合時代にすべての問題の原因がある

・徴用工もレーダー照射も原爆Tシャツも慰安婦財団解散も大幅加筆、すべて涙ながらの大謝罪

・ベストセラー『日本国紀』の外伝――編集・解説 有本香

「私たちの父祖が良かれと思ってしたことは、彼らにとってはすべて『余計なお節介』だったのです」(「はじめに」より)






<目次より>

はじめに

第一章 踏みにじられた朝鮮半島

第二章 伝統文化の破壊

第三章 「七奪」の勘違い

第四章 ウリジナルの不思議

第五章 日本は朝鮮人に何も教えなかった

第六章 慰安婦問題

第七章 韓国人はなぜ日本に内政干渉をするのか

解説・有本香

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

大奥のじぃ

うわぁ~~~っ♪なんという勘違いをしていたんだ。なんという解釈の勘違いを日本はしてしまったんだ。日本は朝鮮半島の人たちにたくさんの酷いことをしてしまったんですね。これは世界中の人たちにしてもらうしかないでしょうね。百田さんは代表して土下座の画像を表紙にお使いになってます。なんという潔さ。なんというエスプリ。特に【付記】は必読です。併合ですから日本の一部だったんです。日本の良識基準に合わせてしまった為にたくさんの伝統を禁止してしまってごめんなさい。こんなお国とはかかわるもんじゃない。良くわかった。

2019/03/03

た〜

多大な貢献大きなお世話という話。もっと皮肉たっぷりの過激な内容かと思ったら案外大人しかった。単なる文庫化だけじゃなく、最近の事件を取り入れられていとところからかなり加筆されている模様

2019/03/10

Tomomi Yazaki

全てが強烈な皮肉で綴られていて、筆者に「謝ろう」という気持ちがないのは明らか。これを是非、韓国で翻訳本として出版してほしい。これを読んだ半島人はこの歴史的事実を受け入れられず、またもや心優しい日本を叩くでしょうが、日本へ来たら自国の歴史が全くの嘘・出鱈目だったことを知ることでしょう。これは、それを理解してもその他大勢に合わせなければ生きてゆけない半島の悲しさが伝わってくる、罪な本です。良し悪しは別として、日本が半島の文化や国政に関与していなかったら、今の韓国・北朝鮮がどうなっていたのか空恐ろしくなります。

2019/03/07

ミナ

最近の情勢も踏まえて加筆されているとのことで購入。書店の新刊に並んでなくてちょっと困った。レーダー照射やへんてこ裁判、天皇陛下への謝罪を求めるなどなど枚挙に暇がないほど本当に許しがたいことが多いのに、報道をされなくなるとすぐ忘れていくように感じる。お節介してごめんね!今後はお互いのために関わらないでいきましょう。と読めばみんななると思う。そして、真実もわかるのだ。英語やハングルでも読めるようにするという行き届いた配慮によりより多くの人に周知されると知り嬉しく思う。

2019/03/18

Hirochan

百田尚樹氏の誠意が濃厚に味わえる1冊でした。 靖国問題に通じるような気がします。

2019/03/16

感想・レビューをもっと見る