読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】

作家
百田尚樹
出版社
飛鳥新社
発売日
2019-03-01
ISBN
9784864106825
amazonで購入する Kindle版を購入する

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

carl

面白い。こう云うの好き。 前書き、後書き、解説も含め面白かった。特に第二章「伝統文化を破壊して、ごめん」は最高だった。本書を読みながら日本政府もそろそろ遺憾はやめればいいのにと思っていたらニュースで「日本政府による輸出規制強化」だと、いつもと違う、本書とシンクロして妙に日本政府応援したくなりました。又後書にあった「脱亜論」も読んでみたくなったね。 作家がこれだけ好きな事が書ける日本は最高だ。 政治的信念とかではなく百田尚樹氏のこの手の本好きです。

2019/07/02

ponpon

韓国併合の35年間の大日本帝国の朝鮮半島統治の歴史。韓国人は非人道的な統治だと悪し様に罵るが、実際はどうだったのだろうか。社会インフラを整備し工業化を推し進め、身分制度を廃止し教育を普及させるといったように、持ち出し超過であったという。著者は是等施策は彼等の希望に反し日本が押し付けたものだとし、日本統治を批判するが、言わんとする事は・・。おそらく彼等は純粋で教育やアジテートに嘘や間違いがあるかもと疑わないのだろう。だいたいの日韓間の懸案は日本人が焚き付けているのも困った現実。読み物としても面白い一冊。

2019/03/12

やじ

時間つぶしに寄った「くまざわ書店」の、よくわからないコーナーに2冊だけ押し込まれていたのを発見し、よく見つけたなと驚かすために購入w。先人の皆様が韓国に対し良かれと思ってした事は、全て自己満足の押し付けだった…。セウォル号沈没事件は韓国の異常性を浮き彫りにした悲劇だと改めて思った。文庫本にはレーダー照射事件や天皇陛下に謝罪せよと言った国会議長の事も載っています。早く「さらば」と言いたい。

2019/03/31

た〜

多大な貢献大きなお世話という話。もっと皮肉たっぷりの過激な内容かと思ったら案外大人しかった。単なる文庫化だけじゃなく、最近の事件を取り入れられていとところからかなり加筆されている模様

2019/03/10

papaya

吉田清治は韓国人のナリスマシ説、初めて知りました。吉田清治はペンネームで、本名は雄兎。昭和6年に死亡している。これに韓国人が背乗りした、という説。この辺、専門家が(というか、国家として)調査をして事実関係を明らかにしてほしい。 いい加減なことも、大声で言い続けると国際的にまかり通ってしまう。 隣国に甘い顔するのは、もう止めよう。

2019/08/09

感想・レビューをもっと見る