読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大人の女といわれる生き方 ―ひとり上手の流儀

大人の女といわれる生き方 ―ひとり上手の流儀

大人の女といわれる生き方 ―ひとり上手の流儀

作家
家田荘子
出版社
さくら舎
発売日
2018-08-04
ISBN
9784865811612
amazonで購入する Kindle版を購入する

大人の女といわれる生き方 ―ひとり上手の流儀 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちい

「どうぞ、目を閉じて開いたところからお読みください」と前書きにもあるように、どこから読んでも大丈夫な本。でも、ごめんなさい、今の私には必要ない本だった◆家田さん、毎月つなぎ遍路をして、月に最低4回は真夜中に水行をして、霊山登山もして、吉原の供養を続けて。頑張る、やり続けるのは凄いなと、素直に思う。でも、私の友人にはいないタイプであることは間違いないです。

2019/07/14

ひめぴょん

著者の人生自体かなり特殊ではありますが、そんな中から著者が思ったことは案外と私が思うことにも通じるところがありました。どういったコーナーで出会った本か忘れましたが、宗教家としての本でした。タタイトルとそぐわないように感じるところや特殊な経歴から同感できにくい内容もありましたが…。美しいもの(自然、美術館、劇場)を見て感激することで自分の心も美しくなる。好奇心を持つと生き生きと輝ける。当たり前と思うようなことこそ幸せ。いいことが何もないといいこと探しをするのでなく、小さな当たり前をいいことと喜びましょう。

2019/12/31

Tomoko Miyagawa

作者のエネルギーがつまった本。賢かっこいい女性になって欲しい願いが伝わってくる。タイトルの魅力さと内容は一致していないように思うが、彼女の力強さを感じられる。

2019/12/13

yukot

★★★ 途中まで読んだ。 また時期が来たら再読したい。

2019/03/27

みーみさん

何かの気付きにはなる部分もあるが、酸いも甘いも噛み分けた大人の心得指南ではなく、筆者の修行や取材の回顧録が多く、何度か挫折しつつ読了。別れのケンカでは執着を捨てる為に相手の人権、尊厳まで否定し罵倒しても良い…とあるが、業が貯金されるのでは?

2018/12/07

感想・レビューをもっと見る