読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

浅田家

浅田家

浅田家

作家
浅田政志
出版社
赤々舎
発売日
2019-02-28
ISBN
9784903545264
amazonで購入する

「浅田家」の関連記事

二宮和也「ついに捕まったか。という感覚です(笑)」映画「浅田家(仮)」で妻夫木聡と初共演!

『浅田家』(写真:浅田政志/赤々舎)

 写真家・浅田政志の写真集を原案とした映画「浅田家(仮題)」の制作が決定。二宮和也と妻夫木聡が兄弟役を演じるとあって、「新鮮だけどしっくりくる組み合わせ」「なんだかハートフルな映画になりそう」と注目を集めている。

 原案となるのは、浅田が発表した写真集『浅田家』と『アルバムのチカラ』の2冊。『浅田家』は浅田が自身の両親や兄と撮影した家族写真のシリーズで、第34回木村伊兵衛写真賞を受賞している浅田の代表作だ。

 家族写真といってもただ4人が集合しているものではなく、全員で消防士やラーメン屋、バンド、極道などさまざまなコスプレに挑戦。衣装から撮影場所、シチュエーションなど細かい部分までこだわって撮影された写真は「とにかく笑えて幸せな気持ちになれる」「家族そろってこういう遊びが楽しめるのって羨ましい」「浅田家らしい家族愛が詰まっている作品」と話題を読んでいる。

 一方『アルバムのチカラ』に収録されているのは、東日本大震災の直後に始動したアルバム復元ボランティアの様子。津波で流されたアルバムや写真などを洗浄し、元の持ち主に…

2019/3/9

全文を読む

関連記事をもっと見る

浅田家 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユカ

図書館で。『小さな出版社のもっとおもしろい本』というムック本で知った写真集。おもしろかったです。カメラマンの浅田政志さんと父・母・兄の4人が,消防隊やラーメン屋さんなど,いろいろな職業・シチュエーションに扮しています。1枚ごとに細かなストーリーを考えて撮っているらしく,こちらがそれを想像するのも楽しいかも。両開きの本で,真ん中に奥付。もう半分は,撮影前後?のご家族4人の素の姿です。ごく普通の家族のコスプレが出版物になっている滑稽さもあるけれど,誰しもが共感する「家族」のあたたかさも感じられる。素敵な本。

2016/01/12

ruki5894

親と過ごす時間はあとどれくらい残っているのだろう。誰も教えてくれないし。愛おしく思っているのです。くちごたえばかりしてゴメンなさい。一番好きなのは、お父さんのプラカード「日曜日撮影反対」ご苦労が偲ばれます。

2017/02/10

ジョニーウォーカー

読友推薦本。本書を「アート」として捉えるとどこかあざとく見えるが、これが「家族の記念写真集」だといわれると、俄然そのスゴさ、面白さが見えてくる。だって信じられるだろうか? 本当の家族が、消防署やラーメン屋など実際の現場を舞台に、それぞれの役を演じているのだ。そんなバカバカしいことに、ここまで付き合ってくれるご両親がまずスゴいではないか。すると、この親子関係、浅田家という一家そのものが、ひとつの「作品」にも思えてくるわけで…これはやっぱり、ひとつの新しい「アート」だな、となるわけである。

2009/12/07

ひろ☆

写真家の家族コスプレ写真。1枚1枚の取り組み様はスゴイ。

2014/10/15

Roy

★★★+☆ ワイドショーで知って興味をもった写真集。いうなればただのコスプレ家族写真なのだが、そこに詰まっている家族の愛が半端ない。家族の絆、愛情、思いやりみたいのを再確認できるような、ものすごく温かい気分になった。

2008/11/04

感想・レビューをもっと見る