読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

リスとお月さま

リスとお月さま

リスとお月さま

作家
ゼバスティアン メッシェンモーザー
松永美穂
出版社
コンセル
発売日
0000-00-00
ISBN
9784907738464
amazonで購入する

リスとお月さま / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

黄色くて、丸くてコロコロしたものが坂を転がってリスの家に落ちてきました。「誰かがお月さまを盗ろうとしたのかな……ぼくのところにあるのを見られたら、泥棒だと思われて……牢屋に入れられちゃうよ!」。たちまち、格子窓の部屋でちょこんと座っている自分の映像が脳内に浮かぶリス。証拠隠滅を図ろうとしますが、ヤマアラシやヤギを巻き込んで事態は悪化の一途をたどります。ああ……牢屋の映像が鮮明に……。背中を丸めたネガティブ思考の動物たちの姿がおかしくも、愛しいのです(笑)。2007年2月初版。

2015/08/23

Kawai Hideki

娘チョイス。シリアス系の絵柄なのだが、内容はユーモラスなドタバタ劇。ある日、リスが目を覚ましたら木の枝にお月様が落ちていた。リスは自分がお月様を盗んだ泥棒だと思われて牢屋に入れられちゃう!と不安に。牢屋入りの妄想シーンでは、なぜか、隣にヒゲの囚人も座っている。このおっさんは誰?急いでお月様をどこかへやろうとするが、事態はどんどん悪化。ハリネズミ、ヤギ、ネズミと、牢屋入りの妄想に巻き込まれる動物も増えていく。だから、このおっさん誰なの?大半をネズミにかじられたお月様だが、最後のオチもうまく着地。笑える。

2016/05/14

p.ntsk@時々覗いてます

「リスと~」シリーズ1作目。ある朝目の前に落ちてきた“お月さま”に驚き慌てるリス。ハリネズミやヤギを巻き込んで“お月さま”の返還に奮闘する姿が可笑しくて可愛らしいです。リスの妄想シーンも効果的に挿入されています(笑)。絵のタッチと作風のギャップが魅力だと思います。大好きなシリーズになりました。おススメです。

2019/05/05

手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

ある朝、リスはびっくりして目を覚ましました。お月さまがリスの家におっこちてきたからです。お月さまをどこかへやらなくちゃ!■いきなりのピンチ!笑。リスさん がんばって☆ ■2度3度と、繰り返し読む毎に じわじわ面白くなって来ました。ふふふ♪ ■欧米でのリスの扱い?を見てると、「なんだか せわしなくて 落ち着きなくて、縦横に駆け抜ける想像力で 早とちり」なイメージで固定している感がありますね。ADHDの比喩としても定着してるし♪ 確かにちょこまかしてますものね♪ ■みんなのお月さまがお空に戻ってよかったね♡

2016/10/10

naoっぴ

いや、これはかわいい!なんと空から家にお月さまが落ちてきた。え、なぜ?どうして?盗んだと思われるかも!心配で心配でたまらない小心者&真面目なリスは、なんとかしようと考えます。合間に挟まれる牢屋のイメージがとても可笑しい。刺繍を続けるおじさんの囚人(…?)、動物が増えるたびにちょっとずつ変わる牢獄のトイレ(…!?)に作者のユーモアが感じられ笑ってしまいました。そしてお月さまと思っていたものとは…(笑) これ、子どもと大人とでは違う感想をもつかな?是非小さい子の感想も聞いてみたいです♪

2015/10/24

感想・レビューをもっと見る