読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

失われた娯楽を求めて -極西マンガ論-

失われた娯楽を求めて -極西マンガ論-

失われた娯楽を求めて -極西マンガ論-

作家
仲俣暁生
出版社
駒草出版
発売日
2018-12-19
ISBN
9784909646101
amazonで購入する

失われた娯楽を求めて -極西マンガ論- / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サイバーパンツ

島本和彦は庵野秀明ではなく高橋留美子に本気で向き合うべきというアオイホノオ評に同意。

2019/03/19

コリエル

編集者兼ライターの書いた漫画評論。通常の評論ほどに格式ばらないというのを意識しているらしい。扱う作品は、筆者の好んでいたジャンルであるサブカルチャー中心だが、それらを敢えて平易な言葉で評したことで、評論自体にもその作品にもとっつきやすいのは評価できるんじゃないだろうか。表紙を飾ってもいる今日マチ子とは対談もしており、彼女の考えを深く知れたのも良かった。

2019/01/16

江草貞治

読み返さないといけない漫画,未読の漫画に着手しないといけませんね。

2019/01/15

bura

マンガ論としては面白かったが、自分史との関わりが 大きかった(当然かもしれないが)。平成のマンガ史を もっと客観的に論じた章が欲しかった。 今日マチ子との対談の件りは良かった。今日さんの言葉が新鮮だった。

2019/02/15

感想・レビューをもっと見る