立体パズル感覚で組み立てていく金太郎飴みたいな可愛いクッキー「アイスボックスクッキー」の完全レシピ

食・料理

公開日:2016/11/13

 切っても切っても同じ絵柄が出てくる、金太郎飴みたいな可愛いクッキー「アイスボックスクッキー」。2016年10月7日(金)に『初めてでも失敗しない みのたけ製菓のアイスボックスクッキー完全レシピ』が発売された。

 アイスボックスクッキーとは、生地を棒状にした後、冷蔵庫や冷凍庫で冷やして固め、それをスライスして焼くクッキーのこと。かぼちゃ、紫いも、黒ごま、ストロベリーなど天然の色素パウダーで色づけした色生地を、円柱・四角柱・三角柱といった棒状に成型し、立体パズル感覚で組みたてて作っていく。このとき、目、鼻、口、耳などのパーツは形を崩したくないので冷凍し、すきま埋めパーツは常温が基本だ。

 全部組み立てが終われば冷凍し、切る前に冷蔵庫で解凍していく。切ってあらわれるモチーフは猫や犬、馬などの動物から、ビールジョッキやカメラなど、生地の重ね方や組み合わせ方次第で様々な表現ができる。

 クッキー本体がかわいいので、アイシングなどでデコレーションをする必要がなく、だれでも作れる手軽さとかわいさ、そして生地を冷凍保存しておいて、作りたい分だけ焼くという手軽さも人気の秘密だ。

 同書の構成は、「うまく組み立てられない」「うまく切れない」などの悩みを解消できるようにオールプロセスカット付き。初心者でも安心して挑戦できる内容になっている。

河村愛子(かわむらあいこ)
雑誌の編集部に勤めるなかで、料理系の編集者を志すようになり、ル・コルドン・ブルー東京校に入学。フランス菓子と料理を学び、ル・グラン・ディプロムを取得。2012年より“みのたけ製菓”の屋号で、静岡県・白浜で自分が大好きな素材や材料を使った焼き菓子を、手づくり市等のイベントで販売している。著書に『みのたけ製菓のアイスボックスクッキー』がある。

※掲載内容は変更になる場合があります。

この記事で紹介した書籍ほか