『BRUTUS』の人気特集「日本一のお取り寄せ」が約3年ぶりに復活!

暮らし

2017/1/22

 世の中のお取り寄せ事情が日々アップデートされ、さらなる美味しいものが続々と出現する昨今。いま取り寄せるべき16ジャンル×12品=192品を厳選して紹介する『BRUTUS 帰ってきた! 日本一の「お取り寄せ」グランプリ。』特集号が2017年1月13日(金)に発売された。

<「日本一のお取り寄せ」特集とは?>
 逸品の数々が増え続け、食の進化が止まらないお取り寄せ天国、日本。誰もが気になる「お取り寄せ」に迫る、ブルータスの人気特集「日本一のお取り寄せ」が約3年ぶりに帰ってきた。

 同書のメイン企画は「お取り寄せグランプリ」。“四天王”こと、作詞家の秋元康、音楽プロデューサーの松任谷正隆、エッセイストの酒井順子、クリエイティブディレクターの佐藤可士和の4人を審査員に迎えて、日本全国から取り寄せた16ジャンル192品をすべて試食し、グランプリを決定する。このグランプリは、2004年の初回から10年以上にわたり愛されている特集だ。

<姿干しからネオ和菓子まで、各ジャンルのグランプリが決定>
 今回、審査会で取り上げたのは「姿干し」、「パテ&テリーヌ」、「餃子」、「豆腐加工品」、「鯖寿司」、「ネオ和菓子」、「お助け瓶」、「ノンアルスパークリング」、「おつまめ」、「ステーキ肉」、「果樹園デザート」、「燻製つまみ」、「パイ」、「ポタージュ」、「焼き麺」、「アイスバー」の計16ジャンル。選りすぐりの中から各ジャンルでグランプリの栄冠を手にするのはどの商品になるのか注目だ。

 ここで特別に1ジャンルだけ紹介! 「パイ」部門のグランプリは、神戸「ジョージズパイ」のカレーパイが受賞。スパイスが香るドライカレーの上にクリームチーズ、下にジャガイモを重ね、さくさくのパイで包んだ逸品は、四天王も思わず唸った美味しさだ。

    img02

 その他の企画に「最強のトーストを探せ!」「僕たちの丼」「エリア別、使えるご当地調味料」など盛りだくさんの同書。お取り寄せの決定版で、おいしく楽しく幸せな毎日を送ろう。

※掲載内容は変更になる場合があります。