脚本家が泣く泣くカットした場面も収録! 場版版「名探偵コナン から紅の恋歌」が小説化

小説・エッセイ

2017/12/11

img01
『小説 名探偵コナン から紅の恋歌』(原作:青山剛昌、著:大倉崇裕/小学館)
(C)青山剛昌/小学館
(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 シリーズ史上最高興収を記録した劇場版作品をノーカットで小説化した、『小説 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が2017年12月6日(水)に発売された。

 同書は、興収68.8億円・観客動員536万人を達成し、2017年の邦画界を席巻した劇場版「名探偵コナン から紅の恋歌」を脚本担当の小説家・大倉崇裕が小説化した1冊。映像化される際、尺の問題でカットせざるを得なかった部分も復活させてノーカットで収録されている。

 可愛らしい表紙イラストは、「カレルチャペック紅茶店」のマスターで、絵本作家もある山田詩子による描き下ろし。「カレルチャペック紅茶店」では、劇場版作品に登場した平次と和葉の関係性をイメージした紅茶、「恋のラッキーチャームティー」が販売されている。

img02
(C)青山剛昌/小学館
(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 ほぼ両思いなのに素直になれない2人。もどかしいけど天衣無縫でもある恋をさくらんぼとレモンを効かせた、イノセントな甘酸っぱいフレーバリングで表現した。茶葉は後味がクリアな銘茶園「ルンビニ茶園」のルフナ茶を贅沢に100%使用。コナンの世界に浸れる、ファンならマストバイな紅茶に仕上がっている。

 他にも原作コミックスでトリックに使用された紅茶を再現している「カラートリックティー」や、新一を想って作った蘭のレモンパイがモチーフの「蘭のレモンパイティー」、作品に登場するキャラクターを描いたマグカップなど多彩なラインナップ。小説と一緒に紅茶も楽しんで、コナンの世界に浸ってみてはいかが?

img03
(C)青山剛昌/小学館
(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

img04
(C)青山剛昌/小学館
(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

◆「カレルチャペック紅茶店」公式通販サイト:https://www.karelcapek.co.jp/

山田詩子
カレルチャペック紅茶店オーナー、クリエイティブディレクター、ティーテイスター、絵本作家。1987年創業のカレルチャペック紅茶店では紅茶の買い付けからデザインまでを一貫して手がける。常に新鮮な提案で日本の紅茶トレンドをリードし続ける傍ら、クリエイティブディレクターとして、ユニクロのUT、集英社のナツイチ、ロイヤルホストのキッズメニュー等、企業とのコラボレーションも多数。絵本、紅茶、ライフスタイルの著書40冊以上。台湾、アメリカ、フランス、韓国でも翻訳出版されている。

※掲載内容は変更になる場合があります。