『平家物語』を新訳した古川日出男が語る、古典作品と新訳の難しさや楽しさ。「作家と楽しむ古典」2カ月連続開催!

文芸・カルチャー

2018/1/15

 河出書房新社130周年記念企画「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 連続講義」の第19回と第20回が、2018年1月18日(木)と2月15日(木)に開催される。

 同イベントは、2014年11月に刊行を開始した『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』(全30巻)の第Ⅱ期(全12巻)刊行開始をきっかけに始まった、古典新訳を少人数でじっくりと読み解く講義。過去には600名以上の参加者が集まって好評を呼んだ講義が、初めて2カ月連続で開催されることになった。

 第19回と第20回は、第9巻『平家物語』を新訳した古川日出男が2カ月連続で講師として登場する。古川は文学史上空前のエンターテインメント巨編の訳文を原稿用紙1800枚すべて手書きで執筆。「ページをめくり始めたら一気読み」「最後には涙が止まらない」など読者からの反響も多く寄せられた1冊に仕上がっている。当日には、古川がどのように新訳に取り組んだのかをたっぷりと語る予定。2回目の2月15日(木)には文芸評論家・波戸岡景太との対談が行われ、2講義合わせての予約も可能だ。

 当日は講師との意見交換も予定されているので、古川が訳した『平家物語』を持参するのがおススメ(書籍は当日でも店頭で購入できる)。また、現在『平家物語』や『日本文学全集』の感想や質問などをメールで募集中。送られた感想や質問はイベントで紹介される可能性があるので、アツい思いを作家に届けてみてはいかが?

■「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 連続講義」第19回「平家物語」vol.1/第20回「平家物語」vol.2
日時:Vol.1 2018年1月18日(木)18:30開場 19:00開演/Vol.2 2018年2月15日(木)18:30開場 19:00開演
会場:「ジュンク堂書店池袋本店」4階喫茶
入場料:1,000円(ドリンクつき)
定員:40名
受付:ジュンク堂書店池袋本店1階 案内カウンター。もしくは電話にて。
TEL:03-5956-6111
感想・質問の送付先:kouhou@kawade.co.jp
※メールの件名に「1/18(もしくは2/15)イベント参加」の旨を明記

img02

古川日出男
1966年福島県生まれ。2002年『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞と日本SF大賞、2006年『LOVE』で三島賞、2015年『女たち三百人の裏切りの書』で野間文芸新人賞と読売文学賞(2016年)を受賞。他の著書に『平家物語 犬王の巻』など。

波戸岡景太
1977年神奈川県生まれ。明治大学専任准教授。博士(文学)。ポストモダン文学からライトノベルに至るまで、幅広い批評・研究活動を行う。最新刊は、『映画原作派のためのアダプテーション入門』。対談集『動物とは「誰」か?』に、古川との対話を収録。

※掲載内容は変更になる場合があります。