第158回芥川賞は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、直木賞は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定!

文芸・カルチャー

2018/1/16

 第158回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は16日、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、「直木賞」は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定した。

【第158回芥川賞受賞作品】

百年泥』(石井遊佳)

 
『百年泥』は『新潮』2017年11月号に掲載。単行本は1月24日に発売予定。

<プロフィール>
石井遊佳(いしいゆうか)○大阪府枚方市生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科インド哲学仏教学博士課程満期退学。日本語教師。2017年『百年泥』で第49回新潮新人賞を受賞。〈作品〉『百年泥』17年新潮11月号。

おらおらでひとりいぐも』(若竹千佐子)

 

<プロフィール>
若竹千佐子(わかたけちさこ)○1954年岩手県遠野市生まれ。岩手大学教育学部卒業。現在、主婦。2017年『おらおらでひとりいぐも』で第54回文藝賞を受賞しデビュー。
〈作品〉『おらおらでひとりいぐも』17年文藝冬号、単行本は河出書房新社刊。

【第158回直木賞受賞作品】

銀河鉄道の父』(門井慶喜)

<プロフィール>
門井慶喜(かどいよしのぶ)○1971年群馬県桐生市生まれ。栃木県宇都宮市出身。94年同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(日本史)卒業。2003年 「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞受賞。06年『天才たちの値段』で単行本デビュー。過去には『東京帝大叡古教授』(小学館)と『家康、江戸を建てる』(祥伝社)が直木賞候補になった。

『ダ・ヴィンチ』では、『屋根をかける人』刊行時に門井慶喜さんにインタビューをしている。
記事はこちら▶メンソレータムで有名な近江兄弟社創業者の成功させるためなら手段を選ばなかった商法とは?(2017年1月6日掲載)

■第158回芥川賞候補作品
石井遊佳『百年泥』(新潮十一月号)
木村紅美『雪子さんの足音』(群像九月号)
前田司郎『愛が挟み撃ち』(文學界十二月号)
宮内悠介『ディレイ・エフェクト』(たべるのがおそいvol.4)
若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』(文藝冬号)

■第158回直木賞候補作品
彩瀬まる『くちなし』(文藝春秋)
伊吹有喜『彼方の友へ』(実業之日本社)インタビューはこちら▶「大事な人を抱えて生き抜く強さがほしい」女性たちの成長と自立の物語『地の星 なでし子物語』<
門井慶喜『銀河鉄道の父』(講談社)
澤田瞳子『火定』(PHP研究所)
藤崎彩織『ふたご』(文藝春秋)インタビューはこちら▶SEKAI NO OWARI・藤崎彩織「“自分みたいだけど自分じゃない”ヒロインと一緒に葛藤して、一緒に考え続けた5年間でした」<