読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宮内悠介

職業・肩書き
作家
ふりがな
みやうち・ゆうすけ

「宮内悠介」のおすすめ記事・レビュー

第158回芥川賞は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、直木賞は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定!

第158回芥川賞は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、直木賞は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定!

 第158回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は16日、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、「直木賞」は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定した。

【第158回芥川賞受賞作品】

全文を読む

伝説の雑誌『奇想天外』。本日10月27日に奇跡の復活。新井素子、有栖川有栖、恩田 陸、京極夏彦らも小説寄稿!

伝説の雑誌『奇想天外』。本日10月27日に奇跡の復活。新井素子、有栖川有栖、恩田 陸、京極夏彦らも小説寄稿!

2017年は〈新本格〉誕生30周年に当たる。その〈新本格〉第一世代作家がまだ読者だった1970~80年代に、『奇想天外』という雑誌があった。SF・ミステリーなどのジャンルを超えた、まさに「奇想天外」な誌面。その伝説の雑誌を2017年10月27日に山口雅也が復活させる。

山口雅也 やまぐち・まさや●1954年、神奈川県生まれ。早稲田大学法学部卒。在学中より諸分野のライターとして活動後、89年に『生ける屍の死』で作家として本格デビューを果たし、以降最先端で活躍し続ける。『日本殺人事件』で第48回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門受賞。評論やアンソロジーの方面でも多数の実績がある。  

『奇想天外』とは 1974年、ワセダミステリクラブ出身の曽根忠穂がミステリー畑の小鷹信光、SF畑の福島正実を編集委員に迎えて創刊した小説誌。幾度かの版元変更を経て1990年まで存続した。SFに限らず多くの才能を輩出した雑誌で、新井素子、山本弘、夢枕獏ほかの作家をデビューさせた。評論も荒俣宏など当時の先鋭的なメンバーが参加していた。

エンターテインメント…

全文を読む

真犯人の手記の形で事件の裏側が明らかに! 『僕だけがいない街』オリジナル小説の連載スタート

真犯人の手記の形で事件の裏側が明らかに! 『僕だけがいない街』オリジナル小説の連載スタート

『僕だけがいない街』①~⑤巻好評発売中!

 2016年1月にTVアニメ化、同年春に映画化が決定した、話題のサスペンスコミック『僕だけがいない街』(三部けい/KADOKAWA)のノベライズが、電子文芸誌「文芸カドカワ」で10月10日から連載がスタートすることとなった。

 ノベライズは、原作コミックスの主人公が追う真犯人の手記の形で事件の裏側を綴った、オリジナルストーリーとなっている。ノベライズ担当は、PCゲームメーカー「ニトロプラス」に所属する物語クリエイターで、『少女キネマ』(角川書店)、『小説版 魔法少女まどか☆マギカ』(ニトロプラス&芳文社)、『フェノメノ』(星海社)シリーズなどを手掛ける新進気鋭の作家、一肇(にのまえ・はじめ)。

 コミックス版のファンの方、ミステリー好きの方はぜひチェックしてみてほしい。

『僕だけがいない街 Another Record』

●あらすじ 連続誘拐殺人事件の真犯人が記した一冊のノート。 彼を犯罪に駆り立てたのは愛か狂気か、それとも――。 世間では別々の事件だと思われていた児童連続誘拐殺人事件。すべては一人の男の手によ…

全文を読む

新人でいきなり直木賞にノミネート 宮内悠介って何者?

新人でいきなり直木賞にノミネート 宮内悠介って何者?

 いよいよ選考会を今夜に控えた第147回の直木賞。 そんな直木賞に今回、デビュー作でノミネートされた異例づくしの新人作家がいる。それが宮内悠介だ。

早稲田大学出身の彼は在学中ワセダミステリクラブに所属し、卒業後もワセダミステリクラブOBとして創作を続けていた。幼い頃をニューヨークで過ごし、大学卒業後はインドやアフガニスタンを放浪した後に麻雀のプロを目指したこともあり、その経験が今回の『盤上の夜』(東京創元社)に活かされている。

1人のジャーナリストの目を通して描かれるこの作品は、囲碁やチェッカー、将棋、麻雀、将棋やチェスの起源となったといわれる古代インドのチャトランガなど、様々なボードゲームを題材にした一風変わった連作短編集となっている。

表題作の『盤上の夜』は、手足を失ったが囲碁盤をまるで自分の手足のように“感じる”ことができる天才女性棋士・灰原由宇と彼女を支える元プロ棋士・相田淳一の話だ。対戦の緊迫した描写には、まるで自分が戦っているのかと思えるほどに引き込まれる。

この作品が注目を集めているのは、金城一紀の『GO』以来となるデビュー作でのノミネート…

全文を読む

「宮内悠介」のおすすめ記事をもっと見る

「宮内悠介」のレビュー・書評をもっと見る

「宮内悠介」の本・小説

kaze no tanbun 移動図書館の子供たち

kaze no tanbun 移動図書館の子供たち

作家
我妻俊樹
円城塔
大前 粟生
勝山海百合
木下古栗
古谷田奈月
斎藤真理子
西崎憲
乘金 顕斗
伴名練
藤野可織
星野智幸
松永美穂
水原涼
宮内悠介
柳原孝敦
出版社
柏書房
発売日
2020-12-29
ISBN
9784760152827
作品情報を見る
宮辻薬東宮 (講談社文庫)

宮辻薬東宮 (講談社文庫)

作家
宮部みゆき
辻村深月
薬丸岳
東山彰良
宮内悠介
出版社
講談社
発売日
2019-11-14
ISBN
9784065174166
作品情報を見る
スペース金融道

スペース金融道

作家
宮内悠介
出版社
河出書房新社
発売日
2016-08-29
ISBN
9784309024936
作品情報を見る
うっとり、チョコレート (おいしい文藝)

うっとり、チョコレート (おいしい文藝)

作家
伊藤まさこ
片岡義男
鈴木いづみ
西加奈子
宮内悠介
森茉莉
出版社
河出書房新社
発売日
2017-01-17
ISBN
9784309025377
作品情報を見る
最初のテロリスト カラコーゾフ (単行本)

最初のテロリスト カラコーゾフ (単行本)

作家
ClaudiaVerhoeven
クラウディアヴァーホーヴェン
宮内悠介
出版社
筑摩書房
発売日
2020-03-13
ISBN
9784480858191
作品情報を見る

「宮内悠介」人気の作品ランキングをもっと見る

「宮内悠介」の関連画像・写真

「宮内悠介」の関連画像・写真をもっと見る