映画「空飛ぶタイヤ」の主題歌をサザンが担当! 「ますます楽しみになってきた!」と期待の声

エンタメ

2018/4/23


 2018年6月15日(金)に公開予定の映画「空飛ぶタイヤ」の主題歌を、今年デビュー40周年を迎えるサザンオールスターズが担当することが明らかになった。ファンの間では「池井戸作品とサザンの組み合わせが実現するとは」と話題になっている。

 同映画は、運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬智也)が主人公。トレーラー脱輪事故により整備不良を疑われてしまう赤松だが、車両の欠陥を発見し製造元であるホープ自動車に再調査を要求することに。ちょうど同じ頃にはホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)が、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑いの目を向け始めていた。すると、企業の“リコール隠し”が明らかになり―。

img01
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

 原作は、累計170万部の大ベストセラーを記録した池井戸潤の同名小説。池井戸の作品は『下町ロケット』や『半沢直樹』シリーズなどがドラマ化されているが、映画化は今回が初めて。原作の読者からは「小説すごい感動したし映画絶対見に行く!」「出演者も豪華だね」「池井戸作品が劇場で観れる!」と期待の声が上がった。

 配給を担当する松竹のYouTube公式サイトでは予告映像が公開されており、主題歌「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」の一部を聴くことが可能。同曲はサザンオールスターズの約3年ぶりとなる新曲で、桑田佳祐が書く痛烈な歌詞をポップスに昇華している。予告映像を見たファンからは、「久しぶりの新曲が映画に使われるなんてすごいな!」「曲と映画がめちゃくちゃ合ってると思う」「映画のキャストも好きな人ばっかりだしサザンはずっとファンだし最高かよ」「映画がますます楽しみになってきた!」と歓喜の声が続出。

img02
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

 今回の主題歌について池井戸は、「サザンオールスターズは、学生時代から僕のアイドルでした。40周年という記念すべき年に桑田さんに主題歌を書いていただけるとは、とても光栄です。次回コンサートには必ず駆け付けます!」とコメントしている。

 映画の公開までまだ時間があるので、原作と共に主題歌もチェックしておこう。

■映画「空飛ぶタイヤ」
公開日:2018年6月15日(金)
原作:池井戸潤『空飛ぶタイヤ』
出演:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子,阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼 ほか
監督:本木克英
脚本:林民夫
配給:松竹
公式サイト:http://soratobu-movie.jp/