毛利小五郎の反射神経がえげつない!? 「これが治安最悪の町・米花町を生き抜くためのスキル…」と視聴者仰天/アニメ「名探偵コナン」第979話

マンガ

公開日:2020/9/4

名探偵コナン
『名探偵コナン』98巻(青山剛昌/小学館)

 2020年8月29日(土)に放送されたアニメ「名探偵コナン」第979話。毛利小五郎の“ある行動”に対し、視聴者から「小五郎のおっちゃん、反射神経えげつないwww」「これが治安最悪の町・米花町を生き抜くためのスキル…」といった反響が相次いでいる。

 事の発端は、依頼人・嘉悦香苗のもとに届いた1通の脅迫状。手紙には「宝物のブローチは預かった。返して欲しければあの世まで取りに来い」とメッセージが綴られており、ブローチの受け取り場所には“黒落公園”が指定されていた。

 さっそく小五郎と香苗は公園に向かうも、犯人どころかブローチすら見つからない。代わりに見つけたのは、「お宝を返して欲しければ駄々谷音楽堂に来い」という新たな脅迫状。仕方なく2人は音楽堂へ足を運ぶのだが、ここから2人に次から次へと災難が降り注ぐ――。

 たとえば音楽堂の前では車に轢かれそうになり、次の捨呂美術館では頭上から植木鉢が落下。4つ目の指定場所に至ってはゴルフボールが飛んでくる始末だ。

 だが車に轢かれそうになった際には咄嗟に香苗をかばい、上から降ってきた植木鉢はそのままキャッチする小五郎。ゴルフボールは片手で受け止め、全ての災難をその身1つで見事回避していく。

 これには視聴者からも「ええええ… おっちゃん凄すぎない!?」「さっきから毛利さんの反射神経が神がかってるんだけど(笑)」といった反響が続出。

 さすが、幾多の逆境をくぐり抜けてきた男。植木鉢やボールを素手で受け止めることなど、彼には造作もないことなのかもしれない。

アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/

この記事で紹介した書籍ほか

名探偵コナン (98) (少年サンデーコミックス)

著:
出版社:
小学館
発売日:
ISBN:
9784098500598