読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「馳星周」の関連記事

罪から逃れるために次々と殺しを重ねた男が逃れ着いたのは――。馳星周 、大傑作『夜光虫』から20年。その後を描いたミステリーファン待望の続編!

罪から逃れるために次々と殺しを重ねた男が逃れ着いたのは――。馳星周 、大傑作『夜光虫』から20年。その後を描いたミステリーファン待望の続編!

『暗手』(馳星周/KADOKAWA) 台湾プロ野球界で八百長に手を染めた元スター選手が、巨大な陰謀に巻きこまれ、地獄の底へと突き落とされてゆく……。馳星周が1998年に発表した長編『夜光虫』は、灼けつくような欲望と暴力衝動を脈打つ文体で描き切った日本ノワール小説史に残る傑作だった。 あの衝撃から約20年。4月26日に最新作『暗手』(KADOKAWA)が電子書籍化され、現在電子書店にて好評配信中となっている。本作は、『夜光虫』の主人公・加倉昭彦のその…

もっと見る

注目の新刊 『ソウルメイト』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

注目の新刊 『ソウルメイト』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

犬と人間は言葉はかわせない。けれど巡り会うとかけがえのない“家族”になる――。余命数カ月を宣告された愛犬と夫婦との最後の時間を描く渾身の中編など、涙なしには読めない7つの物語。ノワールの名手が新境地を拓いた、傑作小説集が登場。…

もっと見る