KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

馳星周

馳星周 写真=川口宗道
職業・肩書き
作家
ふりがな
はせ・せいしゅう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1965年、北海道生まれ。編集者・ライターを経て、96年『不夜城』でデビュー。翌年、同作で第18回吉川英治文学新人賞、98年『鎮魂歌─不夜城Ⅱ』で第51回日本推理作家協会賞受賞、99年『漂流街』で第1回大藪春彦賞を受賞。他の著書に『アンタッチャブル』『神奈備』など。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1997年
『不夜城』第18回吉川英治文学新人賞
1998年
『鎮魂歌-不夜城II』第51回日本推理作家協会賞
1999年
『漂流街』第1回大藪春彦賞

「馳星周」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

多聞を”守り神”と称える、強盗団リーダーのミゲル。彼がサポート役の男性に、ある相談を持ち掛ける/少年と犬③

多聞を”守り神”と称える、強盗団リーダーのミゲル。彼がサポート役の男性に、ある相談を持ち掛ける/少年と犬③

村上たかし著のコミック『少年と犬』から厳選して全3回連載でお届けします。今回は第3回です。傷つき、悩む人々に寄り添う、一匹の犬がいた──。『少年と犬』は、東日本大震災で飼い主と別離した一匹の犬「多聞」が、さまざまな人々との出会いと別れを繰り返しながら、東から西へと旅する物語。東北から本州を縦断、ひたすら南西へと向かう多聞が目指す“目的地”とは──。強盗がうまく行き続ける3人の外国人。犬の多聞を”守り神”と称えるリーダーのミゲルは、仙台から次の町へ行くと言い出し、強盗のサポート役に徹する男性にある相談を持ち掛ける。

<続きは本書でお楽しみください>

全文を読む

貴金属店強盗の運転手役としてサポートする男性。彼が犯罪に協力してまでお金が必要な理由とは?/少年と犬②

貴金属店強盗の運転手役としてサポートする男性。彼が犯罪に協力してまでお金が必要な理由とは?/少年と犬②

村上たかし著のコミック『少年と犬』から厳選して全3回連載でお届けします。今回は第2回です。傷つき、悩む人々に寄り添う、一匹の犬がいた──。『少年と犬』は、東日本大震災で飼い主と別離した一匹の犬「多聞」が、さまざまな人々との出会いと別れを繰り返しながら、東から西へと旅する物語。東北から本州を縦断、ひたすら南西へと向かう多聞が目指す“目的地”とは──。男性は3人の外国人と合流し、貴金属店強盗の運転手役としてサポートすることに。犯罪に手を染めてまでお金が必要なのは、ある理由があった。

<第3回に続く>

全文を読む

コンビニで電話をしていた男性が1匹の犬「多聞」と出会う。このままでは保健所に連れていかれると心配した男性は…/少年と犬①

コンビニで電話をしていた男性が1匹の犬「多聞」と出会う。このままでは保健所に連れていかれると心配した男性は…/少年と犬①

村上たかし著のコミック『少年と犬』から厳選して全3回連載でお届けします。今回は第1回です。傷つき、悩む人々に寄り添う、一匹の犬がいた──。『少年と犬』は、東日本大震災で飼い主と別離した一匹の犬「多聞」が、さまざまな人々との出会いと別れを繰り返しながら、東から西へと旅する物語。東北から本州を縦断、ひたすら南西へと向かう多聞が目指す“目的地”とは──。2011年東日本大震災から半年が経ったある日、コンビニで電話をしていた男性が1匹の犬と出会う。男性になつく犬の首輪には「多聞」というネームタグが。このままでは保健所に連れていかれるのではと心配した男性は、自分の車に多聞を乗せて走り出す。

<第2回に続く>

全文を読む

罪から逃れるために次々と殺しを重ねた男が逃れ着いたのは――。馳星周 、大傑作『夜光虫』から20年。その後を描いたミステリーファン待望の続編!

罪から逃れるために次々と殺しを重ねた男が逃れ着いたのは――。馳星周 、大傑作『夜光虫』から20年。その後を描いたミステリーファン待望の続編!

『暗手』(馳星周/KADOKAWA) 台湾プロ野球界で八百長に手を染めた元スター選手が、巨大な陰謀に巻きこまれ、地獄の底へと突き落とされてゆく……。馳星周が1998年に発表した長編『夜光虫』は、灼けつくような欲望と暴力衝動を脈打つ文体で描き切った日本ノワール小説史に残る傑作だった。

あの衝撃から約20年。4月26日に最新作『暗手』(KADOKAWA)が電子書籍化され、現在電子書店にて好評配信中となっている。本作は、『夜光虫』の主人公・加倉昭彦のその後を描いたミステリーファン待望の続編である。気になる内容を紹介しよう。

前作の事件がもとで台湾を逃れた加倉は、顔を変え、名前を捨てて現在はイタリアのミラノにいた。彼の仕事は黒社会の何でも屋。殺し以外の仕事ならなんでも請け負う彼のことを人は「暗手」と呼ぶ。暗闇から伸びてくる手という意味だ。 そんな彼に黒社会の住人から新たな依頼が飛び込んだ。イタリアのプロサッカーチームで活躍中の日本人ゴールキーパー、大森怜央を八百長に引きこんでほしいというのだ。ヨーロッパではサッカーと賭博、八百長は切っても切れない関係にあり…

全文を読む

注目の新刊 『ソウルメイト』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

注目の新刊 『ソウルメイト』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

犬と人間は言葉はかわせない。けれど巡り会うとかけがえのない“家族”になる――。余命数カ月を宣告された愛犬と夫婦との最後の時間を描く渾身の中編など、涙なしには読めない7つの物語。ノワールの名手が新境地を拓いた、傑作小説集が登場。

全文を読む

「馳星周」のおすすめ記事をもっと見る

「馳星周」の本・小説

【毎日文庫】殺しの許可証 アンタッチブル2

【毎日文庫】殺しの許可証 アンタッチブル2

作家
馳星周
出版社
毎日新聞出版
発売日
2024-04-30
ISBN
9784620210681
作品情報を見る
フェスタ

フェスタ

作家
馳星周
出版社
集英社
発売日
2024-03-05
ISBN
9784087718607
作品情報を見る
北辰の門 (単行本)

北辰の門 (単行本)

作家
馳星周
出版社
中央公論新社
発売日
2024-01-22
ISBN
9784120057359
作品情報を見る
北のおくりもの 北海道アンソロジー (集英社文庫)

北のおくりもの 北海道アンソロジー (集英社文庫)

作家
浅田次郎
太田和彦
河﨑 秋子
北大路公子
桜木紫乃
堂場瞬一
馳星周
原田マハ
渡辺淳一
集英社文庫編集部
出版社
集英社
発売日
2023-05-19
ISBN
9784087445312
作品情報を見る
月の王

月の王

作家
馳星周
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-04-04
ISBN
9784041077917
作品情報を見る
四神の旗 (中公文庫 は 61-4)

四神の旗 (中公文庫 は 61-4)

作家
馳星周
出版社
中央公論新社
発売日
2023-12-21
ISBN
9784122074583
作品情報を見る
比ぶ者なき

比ぶ者なき

作家
馳星周
出版社
中央公論新社
発売日
2016-11-16
ISBN
9784120049095
作品情報を見る
アンタッチャブル (文春文庫 は 25-9)

アンタッチャブル (文春文庫 は 25-9)

作家
馳星周
出版社
文藝春秋
発売日
2018-07-10
ISBN
9784167910990
作品情報を見る

「馳星周」人気の作品ランキングをもっと見る

「馳星周」の関連画像・写真

「馳星周」の関連画像・写真をもっと見る