読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

片岡鶴太郎

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
かたおか・つるたろう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1954年東京都生まれ。高校卒業と同時に片岡鶴八に師事。3年後に独り立ちし、その後、テレビにも進出。『オレたちひょうきん族』のレギュラーとなり人気を博す。33歳でプロボクシングライセンスを取得。出演した映画『異人たちとの夏』で役者としての地位も確立。40歳から絵を描き始め、書家、画家としても活躍。画集に『夕暮此糸 ゆうぐれむらさき』がある。

「片岡鶴太郎」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

トリンドル玲奈、ダチョウ倶楽部のおでん芸を知らず。片岡鶴太郎と映画『インフェルノ』公開記念イベントで謎解きに挑戦!

トリンドル玲奈、ダチョウ倶楽部のおでん芸を知らず。片岡鶴太郎と映画『インフェルノ』公開記念イベントで謎解きに挑戦!

 世界中で大ブームとなった映画『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、『天使と悪魔』(09)に続くシリーズ第3弾『インフェルノ』が、ついに10月28日(金)に日米同時公開される。10月4日(火)には、公開記念イベントが「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」が開催中の国立新美術館(東京・六本木)で行われ、秋の装いに身を包んだタレントの片岡鶴太郎とピンクのワンピースが印象的なモデルのトリンドル玲奈が登壇した。

 絵画に造詣があり、美術館の館長を務めたこともあるという片岡は、会場に飾られている巨匠ティツィアーノ・ヴェチェッリオが500年も前に描いたといわれる絵画「受胎告知」に大興奮。宗教画について熱弁し、トリンドルは「素敵」「おもしろい」「鳥肌たちます」と、終始感心していた。映画を見た感想についてトリンドルは、「序盤から迫力がすごかったです。もう誰を信じていいか途中からわからなくなります。きっと悪もまじっているんだろうけど、全部正論に聞こえちゃって」「ロケ地もすごいところなんだろうな」と興奮冷めやらぬ様子で話した。片岡は、「映画に吸い…

全文を読む

注目の新刊 『こころ歳時記』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

注目の新刊 『こころ歳時記』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

エッセイストとしても活躍する人気作詞家が、日本語の美しさやリズム、言葉や行事に残された日本古来の思いなどを、2部構成で紹介。第1部は二十四節気を中心に自然と向きあう日本人と暮らしについて、第2部は自身が好きな日本語について。添えられた絵もあたたかい。

全文を読む

「片岡鶴太郎」のおすすめ記事をもっと見る

「片岡鶴太郎」の関連画像・写真

「片岡鶴太郎」の関連画像・写真をもっと見る