“加害者”にされたら最後。「痴漢冤罪」裏ビジネスの実態

文芸・カルチャー

2018/3/30

『痴漢冤罪』(新堂冬樹/祥伝社) 「この人、痴漢です」  電車内で、こんな女性の叫び声を聞いたことがあるだろうか?  もちろん痴漢行為があれば償わなければならないが、「潔白なら大丈夫!」とタカをくくっ... 続きを読む