サバ缶はみそ煮を使うのがポイント!【プチトマトとサバ缶のみそスープ】/『朝10分でできる スープ弁当』⑤

食・料理

2020/2/6

スープジャーで作る「スープ弁当」は、いつものスープとはちょっと違います。ひと煮立ちさせてスープジャーに注ぐだけ! 基本はさっと煮立たせてジャーに注ぐだけだから、忙しい朝でも大助かり! お昼まで待つ間に具材にじわじわ火が通る保温調理ができるので、準備はたった10分。そしてスープジャーの高い保温力で、あったかいまま食べられるうれしいお昼が待っています。心とおなかを満たすスープ弁当、はじめてみませんか。

『朝10分でできる スープ弁当』(有賀薫/マガジンハウス)

プチトマトとサバ缶のみそスープ

人気のサバ缶。水煮缶ではなくみそ煮を使うのがコツ。トマトの酸味でさっぱりと食べられます。

材料(1人分/ジャー300㎖)

プチトマト…10個
サバみそ煮缶…1/3缶(60g)
めんつゆ…小さじ1
こしょう…少々

作り方

① プチトマトはヘタを取って半分に切る。

② 鍋にプチトマトの切り口を下にして入れ、1分ほど中火にかける。サバ缶と水200㎖、めんつゆを加えて、煮立たせる。

③ めんつゆで味をととのえ、こしょうをふってジャーに移す。

POINT

サバ缶は食べやすくほぐしてもいいですし、ごろっと形のままでも迫力です。

続きは本書でお楽しみください。

この記事で紹介した書籍ほか