シンプルに「邪魔」。ベッドを占領するぬいぐるみたち/白目カルタ

暮らし

公開日:2021/2/23

 SNSで共感の声が殺到!! 主婦が思わず白目になった瞬間を描いた「白目カルタ」がダ・ヴィンチニュースに登場。家事に仕事に育児に、毎日ギリギリで奮闘するあなたへ、笑いのエールを送ります。

白目カルタ

子どもたちの部屋にはベッドがそれぞれあるんです。
長女「1年生になったからひとりで寝るんだ!」
次女「もうお姉ちゃんだからひとりで寝れるもん!」
とか言うもんですから、買ってさしあげたんですけど。

寝やしねえ…!

数日間はひとりで寝たこともありましたが、やれ怖い夢を見ただ、やれ物音がしただ、なんか寂しいから一緒に寝たいだ…。
結局「ママと寝るううううう」と私のベッドに潜り込んできます。

advertisement

いやうれしいで。めっちゃうれしいんやで。
正直ベッド買ったとき「これでもう一緒に寝られへん」ってちょっと泣いたよ。
だから一緒に寝れるのはうれしいんやで。

単品やったらな…!

なんだかうちの娘たちは寝るときにお友だち(ぬいぐるみ)をたくさん連れてきます。

我が家のルールでは「モコっとしたぬいぐるみのみ」ベッドへの持ち込みを許可しています。
寝返りを打って怪我をするようなものや、音が出るものは禁止。
基本的にぬいぐるみや、ぬいぐるみ型の枕が運ばれてくるのですが…。

シンプルに「邪魔」

ただでさえ大きくなって場所をとっている子どもたちに加えてベッドを占領するぬいぐるみたち。
確かに全体的にもこもこしているのですが、たまに寝返り打って目を開けると目が合うこともある。
ちょっと今度から「枕1、ぬいぐるみ1」くらいにルール変更しようと考えています。

白目みさえ

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

脱力系育児マンガ 日々白目むいてます

著:
出版社:
SBクリエイティブ
発売日:
ISBN:
9784815608842
プロフィール
白目みさえ
臨床心理士・公認心理師として精神科に勤務するとしごの母で、生粋のオタク。基本的に白目をむいて育児をしていて、その様子をカルタにしたものを増産している。ライター、イラストレーターとしても活動中。12月に初の著書『脱力系育児マンガ 日々白目むいてます』を発売予定。
Instagram:@misae_mon
Twitter:@misae_yjm