読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寅さんの学校論 (岩波ブックレット (No.326))

寅さんの学校論 (岩波ブックレット (No.326))

寅さんの学校論 (岩波ブックレット (No.326))

作家
山田洋次
田中 孝彦
出版社
岩波書店
発売日
1993-12-20
ISBN
9784000032667
amazonで購入する

寅さんの学校論 (岩波ブックレット (No.326)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Takao

1993年12月20日発行。22年前の発行だ。久しぶりに再読。山田洋次監督と教育学者の田中孝彦さんが映画「学校」と教育を巡って対談している。映画「学校」は山田監督が長年温めてきた企画。その第1作が夜間中学が舞台だったというのは象徴的だ。普通の学校に欠けてるもの、足りないものが象徴的に描かれる。対談の後半では伊丹万作の「演技指導論草案」が取り上げられてるが、映画における監督と俳優の関係が、教師と生徒たちとの関係と似ていることに改めて気付いた。本書が出版された頃生まれた若い先生たちにも読んで欲しいと感じた。

2016/03/06

あっぺ

学校の図書館にあったものを読んだ。 誰一人として「いらない子」はいない。

感想・レビューをもっと見る