読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

『秘密の花園』ノート (岩波ブックレット)

『秘密の花園』ノート (岩波ブックレット)

『秘密の花園』ノート (岩波ブックレット)

作家
梨木香歩
出版社
岩波書店
発売日
2010-01-09
ISBN
9784000094733
amazonで購入する

『秘密の花園』ノート (岩波ブックレット) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

本書は70P程の冊子ですが『秘密の花園』を漫然と読んでいた私には気付けなかった事が色々と書いてありました。読み手が百人いるとすれば、百の主人公を持つ、百の庭がある。うんうん、確かに読み手の感じ方はみんな一緒ではないし年齢や性別によっても違ってきます。それにしても少し前に読んだばかりなのに忘れてしまっている部分の何と多い事か。。。このノートを読んでより一層『秘密の花園』という物語が好きになりました。

2019/04/05

ヴェネツィア

作家としての視点が十全に生かされた「読み」と「解釈」だと思う。インドの家の中でヘビを見るシーンなどは、なるほどと眼を開かれる思いだ。また、物語全体の構造を、「秘密の花園」を外なるものとしてではなく、メリーの内なる「喩」(それは、メリーだけではなく同時にコリンや、この邸そのものでもあるのだが)として捉える見方にも説得力がある。そして、なによりも梨木香歩さんのこの作品への強い共感と愛情とが伝わってくる。

2012/04/30

よこたん

“『秘密の花園』という物語は、個人の物語であり、家の再生の物語でもある。” 課題本を読み込んできて、先生の講義に耳を傾ける、学生に戻ったような嬉し恥ずかしさに包まれる。自分の思うままに感じる読書があれば、作者が言いたかった、伝えたかったことを紐解く読書もある。読んだ人の数だけ、物語があってもいい。そう言いつつ、梨木さんのガイドに付き従っていくことの心地よいこと! 梨木さんの筆による『秘密の花園』を読んでみたくなる。ぜひとも、庭の木々と草花の描写を多めでお願いしたい。

2017/06/12

紅香

バーネットの『秘密の花園』は私にとって根っこ本。大好きな物語を梨木香歩さんと巡りたくって購入しました。梨木さんの目線はさすが。バーネットがメアリの心の再生にあるものを使って効果を出していたことを知り、なるほどと思いました。好きな場面もセリフも一緒で嬉しかったです。ムアの大自然。メアリ。コリン。庭から花園への再生。バーネットの筆がタクトになってあらゆるものが喜びに満ちて咲き誇る豊かな描写は本当に素晴らしい。読んだ者は湧き出す喜びに共鳴し、心震わせずにはいられない。いつまでも生き続ける物語だと再確認しました。

2014/07/27

mizuki

読メをきっかけに出会った一冊♩梨木香歩さんが秘密の花園のあらすじを語り、解説している本。冷静な分析と解釈に作家の読書力を感じました。

2016/05/22

感想・レビューをもっと見る